【最新版】Amazonプライム会員が一人暮らしに便利すぎる!特典・メリット・デメリットを紹介!

 

みなさん、こんにちは!

ちんあなご先輩(@tomokiamino)です!

 

Amazonプライムを使い始めて、今年で7年目になりました。

時間が過ぎるのってめちゃめちゃ早いですね。

このAmazonプライムですが、これなしではもう生きていけないほどにすごいんです!!

 

なんでこんなに何でもできて月額410円なの!!?

 

って感じですよ。

月額410円と言うのは年会費が4900円なので、12ヶ月で割った時の金額ですね。

それに対して海外では値上げがあって、年会費1万円以上だそうです!

それなのに日本でも変わらず、様々な特典やメリットがあるので、今年で7年目の私が1つずつ紹介していきたいと思います。

Amazonプライムの月額料金は「410」!!

まずは料金から見ていくことにしましょう!

Amazonプライムには2種類の料金プランがあります。

料金プラン
    • 月々の契約で月額500円
    • 年契約で年会費4900円(ひと月当たり410円)

見ていただいたら分かる通り、年契約をした方がかなりお得に楽しめることがわかります。

私自身も年契約でずっとAmazonプライムを使用しています。

ひと月当たりの料金が410円という価格で、マクドナルドのビッグマック1つ分と大体同じくらいです。

ではビッグマック1つ分の料金でどれくらいのメリットがあるのでしょうか??

1ヶ月の無料体験

いきなり年契約はハードルが高いなーという方のために、

Amazonが1ヶ月間の無料体験を実施しています。

まずは月額500円のプランで初めてみて、最初の月は無料なのでどんなものなのか確かめてみるのもいいと思います。

もし、いいなと思えば

    • 気に入れば途中から年契約に変更
    • 気に入らなければそのまま退会

という風にするのがおすすめです。

無料体験はこちらから↓

Amazonプライムなら送料無料 | メリット1

Amazonプライムの大きなメリットの1つとして、宅配にかかる送料が無料という点です。

通常、注文商品の合計金額が2000円以内であれば送料が有料になってしまいます。

ですがAmazonプライム会員であれば、たとえ2000円以内だったとしても送料がかかることがありません。

他にも

    • 当日お急ぎ便
    • お届け日指定
    • お急ぎ便

といったオプションも無料で使い放題なので、

すぐに、ものが欲しい時でもいち早く入手することができます。

特にお届け日指定はめちゃめちゃ便利です!!

自分が家にいる時間や都合のつく日に配達をお願いできるので、家に不在の時に受け取れず、再配達を頼むという面倒が減ります

なので普段からAmazonで買い物をする人はかなり重宝すると思います。

 

ですがこれだけのメリットなら、正直言ってヨドバシ.comで十分です。

入会費・年会費無料で上記の配達を行ってくれますから。

 

なので、ここからAmazonプライムのさらなる魅力に触れていきたいと思います。

PrimeNow(プライムナウ)という便利な特典 | メリット2

上の画像はイメージです。(笑)

Prime Now(プライムナウ)という都会の方限定の特典があります。

もし、都会以外にお住いの方なら飛ばしてもらって構いません。

このサービス、Amazonで買った商品が1時間ほどで届くというものなのです。

デメリットとしては、

    • 対象商品が少ない
    • 2500円以上の注文から
    • 専用のスマホアプリから限定

というものがありますから、頻繁には使えるサービスではありませんが、

どうしても家を出ることができなかったり(熱や急用で)、すぐに必要になるものがある時にはかなり便利な特典です。

Amazonプライム会員限定のタイムセール | メリット3

Amazonプライム会員だと、定期的に行われるタイムセール(プライムデー、サイバーマンデー)を一般の人たちよりも優先して参加することができます

また、プライム会員限定のセールにも参加することができます

FireタブレットやKindle専用の電子書籍リーダーは頻繁に値下げされているイメージです。

なので気になっている方はタイムセールが始まった時に狙うのがおすすめですね!

Amazonプライムビデオを見放題! | メリット4

対象の映画やドラマ、アニメを無料で見放題の特典です。

もうこれがあればビデオレンタル屋に行くことがほとんど無くなりますよ......。

他のサービスと比べてみると、

    • Hulu 月額933円
    • U-next 月額1990円
    • Netflix 月額1200円(スタンダード)
    • dTV 月額500円
    • プライムビデオ 月額410円

なんで、こんなに安いの!?って思わず声に出てしまうお得さです。

もちろん動画の数は専門のサービスに劣る部分はあるものの、名作と呼ばれる映画たちも無料で見ることができるので十分だと思います。

有名な映画で言えば、

    • ミッションインポッシブル
    • スパイダーマン
    • ララランド

などがあります。

面白い系で言えば、

    • 松本人志のドキュメンタル
    • 歴代M-1グランプリ
    • すべらない話

もあって、友達と見る分にも最高です。

(ドキュメンタルはプライムビデオ限定です)

注意点!!
配信作品が変わることが多いので、見たい映画や番組がある場合は早めに見ておきましょう!
端末にDLできるので、オフラインの場所でも楽しむことができます!

テレビ画面でプライムビデオを見れる!


これ、めちゃくちゃ便利です!!

テレビに差し込むだけで、全てのプライムビデオをテレビで見ることができます。 

私も元々、パソコンやスマホでプライムビデオを見ていたのですが、

これを購入してからは「なんで、もっと早く買わなかったんだろ!!」って思うほどに手放せなくなっています。(笑)

しかもYouTubeやAbemaTVも見ることができます。

付属のリモコンには音声認証機能がついているので、検索も楽チンです。

100万曲以上が聴き放題!Prime Music | メリット5

Prime Musicは音楽ストリーミングサービスで、上の画像が実際の画面です。

有名な人気曲が聴き放題なのはいいですね。

また、他の人が作成したプレイリストを聴くことができるので、私の場合は作業用のBGMとして聴くことが多いです。

Prime Musicのさらに上に「Amazon Music Unlimited」というものがあるのですが、
そちらは4000万曲の音楽が聞けるので、Prime Musicは「お試し版音楽ストリーミングサービス」といったところですね。

Kindle本が月1冊無料で読める | メリット6

Kindleオーナーライブラリーというサービスです。

「2万冊の中から1冊の本を毎月無料で読める」という内容です。

注意して欲しいのが、Kindle専用の電子書籍リーダーかFireタブレットを持っていることが条件です。

もし持っていれば月に一冊の本が無料なので、

1000円の本を毎月読めば1年間で12000円になりますから、

Amazon Prime会員の年会費である4900円の元を簡単に取ることができます

べストセラーの本や今話題の本も読めるので、自分への投資ができますね。

プライム会員なら本が読み放題! | メリット7

prime-readingPrime Reading」というサービスです。

映画が見放題で、音楽が聴き放題で、今度は本が読み放題ってなんでもありですね。(笑)

スマホかKindle製品に10冊までレンタルをすることができます。

図書館から借りるのをイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、さらにレンタルしたいときは1冊削除してからレンタルするようにします。(最大10冊まで持っておけるということ)

本のタイトル数は約900冊でマンガ、小説、雑誌などジャンルは様々です。

私のおすすめは雑誌で、情報誌が多いので今流行っているものを簡単に知ることができます

一人暮らしにおすすめ「Amazonパントリー」| メリット8

スーパーのように日用品を1つの段ボールにまとめて購入することができるサービスです。

箱が100%埋まるまで商品を選ぶことができ、画面の上に今何%埋まっているか表示されます

買えるものの例
    • 食品(お菓子、インスタント、おつまみなど)
    • 調味料(ドレッシングなど)
    • 飲み物(お茶、清涼飲料水など)
    • 日用品(トイレットペーパー、洗剤など)
    • ヘルスケア商品(シャンプー、歯ブラシなど)
    • ペット用品(フード、おやつなど)

同じAmazon内で買うよりも少しだけ値段が安いので、パントリーでまとめて買ったほうがお得です。

赤ちゃんがいる人におすすめ「Amazonファミリー」| メリット9

プライム会員に入っている人なら無料で使えるサービスです。

オムツや粉ミルクなど、赤ちゃんの子育てに必要なアイテムをお得に購入できるサービスです。

逆にいうと、赤ちゃんがいない人には必要ないサービスですね。

「Amazonファミリー」なら、オムツやおしりふきがいつでも15%OFFで購入できます。

容量無制限の「プライムフォト」| メリット10

続いて紹介するのは「プライムフォト」というサービスです。

これのすごいところは、写真を何枚でもオンライン上に保存できるところです。

写真以外でも動画などのファイルを5GBまでなら保存できます。

    • DropBox 2GBまで無料
    • iCloud 5GBまで無料

なので、比較した時にプライムフォトがいかに優れているかということがわかります。

プライムビデオやPrime Music、電子書籍などをダウンロードしすぎると、スマホやタブレットの容量を圧迫してしまいます。

そんな時に役立つのがこの「プライムフォト」です。

少しでも容量を確保するために活用していきたいですね。

学生はPrime Studentがお得!

学生の方ならAmazonプライムの特典をお得に使える学生向けのプランPrime Studentがお得です。

まず、年会費が通常の半額2450円(月額204円)で使えるという点です!

無料期間も6ヶ月間という破格の長さで、そんなにサービスしちゃって赤字にならないの?!って感じです。

本を買うと最大10%還元

初回注文時にクーポンコード「STUBOOK」と入力すると、最大10%の還元を受けることができます。

3冊以上のまとめ買いで7%の還元を受けることができるので、クーポンコードと合わせて10%になります。

なのでよく本を読む学生にはかなりおすすめできます!!

文房具、ノートが20%OFFで購入できる

Prime Studentなら文房具の定番商品が20%OFFで購入できます。

学生は定期的に文房具やノートを買い換える必要があるので、これは非常に嬉しい特典ですね。

もちろん、ルーズリーフやバインダーといった商品も対象になります。

Amazonプライムのデメリット

各専門サービスには劣る

Amazonプライムの各サービスを見ると、一言で表すと「浅く広く」という感じです。

月額410円でここまで広く利用できる方がおかしいのですが、やはり専門のサービスには劣ってしまいます。

    • 動画見放題のサービス(Netflixなど)
    • 本読み放題のサービス
    • 音楽聴き放題のサービス

これらのサービスはそれに特化したものなので仕方ないですね。

ですが、どれも月額500円以上はします。

プライム会員の優秀さは侮れませんね。

一度、プライム会員に慣れると抜け出せない

デメリットというか、便利すぎてプライム会員でないと困るって感じですね。

今は月額410円で済んでいますが、これから先値上げされた時にどうしようって悩む未来が見えます。(笑)

これだけ便利なプライム会員ですから、値上げの可能性は全然ありますよ!

 

Amazonプライム会員のメリットまとめ

ここまで紹介してきたAmazonプライム会員のメリットをまとめて、今回は終わりにしたいと思います。

  • 送料無料・お届け日指定・お急ぎ便が使い放題
  • PrimeNow(プライムナウ)
  • タイムセールに優先的に参加できる
  • プライムビデオで見放題
  • Prime Musicで100万曲が聴き放題
  • 無料で月一冊の本が読める
  • 約900冊の本が読み放題
  • Amazonパントリーで日用品がお得
  • Amazonファミリーで赤ちゃん用品がお得
  • プライムフォトで写真を無制限に保存
  • Prime Studentで学生はお得

 

以上がメリットとなります。

今なら1ヶ月の無料体験ができますので、気になった方は登録してみてはいかがでしょうか?

登録はこちらから↓

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
おすすめの記事