Amazonプライムビデオのメリット・デメリットは?サービス概要を解説!

 

読者
・プライムビデオってどうなんだろう?
・メリットとデメリットを両方知りたい。
といった読者の疑問に答えます。
この記事では「Amazonプライムビデオのメリット・デメリットは?サービス概要を解説!」というテーマでお話ししたいと思います。
Amazonプライムビデオ(以下「プライムビデオ」)はAmazonプライム会員の特典の1つで、30000本ほどの映画やドラマ・アニメが見放題になるサービスです。
つまりAmazonを普段から利用する方であれば、送料無料お急ぎ便といったメリットに加えて、同じ料金内で動画が見放題になるということになります。

ちんあなご先輩
しかも月額500円という圧倒的コスパの良さ!あるいは年額だと4900円!
ということで今回はそんなプライムビデオのメリット・デメリットを解説していきますね。

 

 

結論から

プライムビデオは数ある動画配信サービスの中でも最安値で利用でき、最新作であってもレンタルすることで視聴可能です。またプライム会員の特典も全て受けられるので、コスパ的にも最高のサービスかと。

 

 

 

\30日間以内なら無料で視聴できる!/

トライアル期間内に解約すれば料金が一切かかりません!
ドラマ・アニメ・映画が高画質で見放題!
たったの3分で簡単登録!

 

Amazonプライムビデオのサービス概要

項目 内容
月額料金(税込) 500円
追加料金 レンタル作品により異なる
配信数 30000本程度
無料期間 1ヶ月
最高画質 フルHD(4K対応の作品は少ないため)
ダウンロード機能 あり
プライムビデオは月額500円(税込)で30000本程度の作品の中から視聴でき、新作が配信されるのも比較的早い方です。
さらに年額だと4900円(税込)なので、1年間使うとするとひと月あたり408円で利用できるのも魅力的。
また対応デバイスも豊富なのもメリットの1つで、スマホやパソコンに限らず動画を視聴できるのがいいですね。
ポイント
    • 月額500円×12ヶ月=6000円
    • 年額だと4900円
    • 1年間使うなら年額の方が1100円お得

 

関連記事動画配信サービス8種を徹底比較!料金やラインナップについて調査!

Amazonプライムビデオのメリット

Amazonプライムビデオのメリット

プライムビデオの良いところは全部で8つあります。

 

 

圧倒的コスパの良さ

圧倒的コスパの良さ

 

プライム会員には非常にたくさんの特典がついており、これら全てを月額たったの500円(税込)で利用できると考えるとコスパ良すぎですよね。

 

他の動画配信サービスの場合、映画やドラマをほとんど見ない月があるとかなり損ですが、プライムビデオの場合はそれ以外の特典が強力なので損することがほとんどありません。

 

ちんあなご先輩
音楽が聴き放題になったり、写真を好きなだけ保存できるみたいなサービスだけでもお得ですね。

 

月額料金が安い

動画配信サービス 月額料金(税込)
プライムビデオ  500円(年額の場合408円)
U-NEXT 2189円
Hulu 1026円
Netflix 1320円(スタンダード)
dTV 550円

 

上の表は主要な動画配信サービスを比較したもので、プライムビデオの月額料金は最安値となっております。

 

もちろん配信数の多さでいうとU-NEXTHuluには及びませんが、料金の面だけでいうとかなり良心的な設定だと言えるでしょう。

 

しかも先述したようにこの料金でプライム会員の特典を受けられるので、初めて動画配信サービスを利用するという人にはかなりおすすめですね。

 

関連記事【最新版】おすすめの動画配信サービスランキング【"映画好き"向け】

 

学生なら半額

学生なら半額

プライムビデオは学生にとってかなり良心的なサービスとなっております。

 

というのも、先述してきたプライムビデオの半額料金で利用できるからです。

 

私は年額プランで利用しているのですが、なんと1年間を通して2450円(税込)で済むというのです。

 

ひと月あたりに換算するとわずか204円(税込)ということになります。

 

ちんあなご先輩
さらに1日あたりに換算すると6.58円という結果に。
学生であれば参考書を購入する機会があると思うのですが、プライム会員ならお得に購入できる特典もあるので登録必至です。

 

オリジナル作品が人気

オリジナル作品が人気

プライムビデオでしか見れないオリジナル作品が配信されており、これが意外と面白いんです。
ドキュメンタル」や「戦闘車」、「カリギュラ」などの作品の場合、地上波では絶対にNGな内容を含んでいるので楽しんで見ることができます。(人によっては不快に感じる可能性あり)

 

なのでお笑い好きの人とか、ダウンタウンが好きな人には特に見て欲しい作品ですね。

 

ちんあなご先輩
個人的には浜田雅功が好きなので、「戦闘車」がすごく面白かったです。

 

口コミ・レビューが豊富

口コミ・レビューが豊富

さすがAmazonというべきか、その作品の口コミ・レビューが豊富なので視聴前に参考にすることができます。
他の動画配信サービスだとあっても星の数だけで、口コミはないことがほとんどです。

 

極端に評価が悪い作品であっても、口コミからどこが悪いのか知ることができますから助かります。

 

対応デバイスが豊富

対応デバイスが豊富

プライムビデオは様々なデバイスに対応しているので、場所を選ばず映画やドラマを視聴することができます。
対応しているデバイスは以下の通り。

プライムビデオが対応しているデバイス

    • スマートテレビ・ブルーレイプレーヤー
    • Fireタブレット
    • iPhone・iPad
    • Android 携帯・タブレット
    • メディアストリーミング端末・CATVチューナー
    • ゲーム機
私の場合は基本的に「iPhone」か「Fire TV Stick」でプライムビデオを利用することが多いですね。
テレビのような大画面で映画を見ると迫力が増すので、いろんなデバイスに対応してくれているのは本当に助かります。

 

関連記事【FireTVstickレビュー】有線で接続すれば、快適に動画を楽しめるからおすすめ!

 

4K対応の作品が観れる

プライムビデオの画質は全部で4種類あり、SD(480p)、HD(720p)、フルHD(1080p)、4K(2160p)に対応しています。

 

現時点(2020年2月)では4K対応の作品はほとんどないのですが、フルHDがBlu-rayと同じくらいの画質なので十分かと。

 

なのでテレビなどの大画面で見る際にも画質の粗さが気になることなく、快適に視聴することができます。

 

※ちなみに4Kまで対応している動画配信サービスは他にNetflixのプレミアムプラン(月額1800円)しかありません。

 

3台まで同時視聴が可能

ちんあなご先輩
家族で共有できるのもプライムビデオの魅力の1つ。
プライムビデオは1つのアカウントで最大3台まで同時視聴ができます。
例えばAさんがリビングで映画を見ていて、Bさんが寝室でドラマを見ていて、Cさんが和室でアニメを観ることも可能です。

 

※ただし、同じ作品を同時に視聴することはできないので注意。

 

 

\30日間以内なら無料で視聴できる!/

トライアル期間内に解約すれば料金が一切かかりません!
ドラマ・アニメ・映画が高画質で見放題!
たったの3分で簡単登録!

 

Amazonプライムビデオのデメリット

Amazonプライムビデオのデメリット

次にプライムビデオの良くなかった部分を解説するのですが、月額料金がそもそも圧倒的に安いので妥協できるものが多い印象でした。

 

それでもやっぱり物足りないなー」という部分をデメリットとしてあげさせて頂きたいと思います。

 

プライムビデオのデメリット(クリックすると各項目までスキップできます)

 

ほとんどの作品がレンタル仕様

ほとんどの作品がレンタル仕様

プライムビデオの配信数は全部で30000本ほどど書いたのですが、その内の半分以上はレンタル作品となっています。
レンタル作品は課金をすることで見れるようになるため、月額料金にプラスで料金を支払う必要があるということです。
もともとの料金が安いので仕方はないとは思うのですが、追加料金を払うことに抵抗がある方は見放題対象の作品だけを視聴するのが良さそうですね。

 

動画再生前に広告が入る

動画再生前に広告が入る

プライムビデオの作品を再生すると、冒頭部分に別の作品紹介の広告が流れます。
5秒ほど経つとスキップできるのであまり気になりませんが、アニメやドラマの一気見をする場合には各話の最初に必ず広告が流れるので鬱陶しいと感じるかもしれません。
他の動画配信サービスだとこういった広告が挿入されていることがないので、プライムビデオ特有のデメリットと言えるでしょう。

英語字幕が選択できない

英語字幕が選択できない

洋画や海外ドラマを視聴する際に字幕を設定するかと思うのですが、表示させられるのは日本語字幕のみとなっています。
もし英語字幕を表示させられれば、英語学習として役立てることができるのですがプライムビデオにはそれがありません。
英語字幕を表示できる動画配信サービスの例を挙げると「Hulu」が当てはまりますね。

 

アダルト作品がない

ちんあなご先輩
女性の方は読み飛ばしてください。
プライムビデオではアダルト作品は配信されていません。
別にそれ目的で加入するんじゃないし!」という方もいるとは思いますが、他の動画配信サービスだと映画やドラマも観れて、かつアダルト作品も観れるものもあります。
例えば「U-NEXT」や「TSUTAYA TV」ですね。

 

ちなみに私はU-NEXTを利用しており、快適な......。次にいきましょう。

 

関連記事U-NEXTを利用した感想!メリットとデメリットを本音で語る!

 

Amazonプライムビデオのデメリット対処方法

Amazonプライムビデオのデメリット対処方法

プライムビデオのデメリットを読んで「これは嫌だな〜」と思った方向けの内容です。

 

結論からいうとプライムビデオ自体のサービス内容を変更することはできないので、別の動画配信サービスを利用すると解決することが多いです。

 

それぞれのデメリットに対応できる動画配信サービスを紹介します。

 

プライムビデオのデメリット
    • ほとんどの作品がレンタル仕様→Hulu
    • 動画再生前に広告が入る→U-NEXT、Hulu、dTVなど
    • 英語字幕が選択できない→Hulu
    • アダルト作品がない→TSUTAYA TV、U-NEXT

 

\31日間無料で観れる!/

トライアル期間内に解約すれば料金は一切かかりません!
ドラマ・アニメ・アダルトなど高画質で見放題!
わずか3分で簡単登録!
\30日間無料で観れる!/
トライアル期間内に解約すれば料金は一切かかりません!
ドラマ・アニメ・アダルトなど高画質で見放題!
わずか3分で簡単登録!

 

 

\14日間以内なら無料で視聴できる!/

トライアル期間内に解約すれば料金が一切かかりません!
ドラマ・アニメ・映画が高画質で見放題!
たったの3分で簡単登録!

関連記事Huluのメリットとデメリットは?サービス概要を解説!

 

\31日間無料で観れる!/

トライアル期間内に解約すれば料金は一切かかりません!
ドラマ・アニメ・映画など見放題!
わずか3分で簡単登録!

 

Amazonプライムビデオがおすすめの人

Amazonプライムビデオがおすすめの人

以上の結果からプライムビデオがおすすめできる人は以下の通りです。

 

    • とにかく最安値で動画配信サービスを利用したい方
    • 学生でAmazonを利用する方
    • プライムビデオ限定のオリジナル作品に惹かれた方

 

月額408円(年額の場合)というのは他にはない大きな魅力ですので、初めて動画配信サービスを利用される方にもおすすめです。

 

Amazonプライムビデオのメリットを見て、自分に合いそうであれば無料体験から

プライムビデオのメリットを見て、自分に合いそうであれば無料体験から

以上がプライムビデオのメリットとデメリットの解説となります。

 

ここでもう一度メリットとデメリットを振り返っておきましょう。

 

プライムビデオのメリット
    • 圧倒的コスパの良さ
    • 月額料金が安い
    • 学生なら半額
    • オリジナル作品が人気
    • 口コミ・レビューが豊富
    • 対応デバイスが豊富
    • 4K対応の作品が観れる
    • 3台まで同時視聴が可能
プライムビデオのデメリット
    • ほとんどの作品がレンタル仕様
    • 動画再生前に広告が入る
    • 英語字幕が選択できない
    • アダルト作品がない

 

これらを見比べて自分に合いそうなサービスだと思ったら「30日間の無料体験」から始めましょう。

 

最初の30日間はタダで好きなだけプライムビデオのサービスを利用することができるのでおすすめです。

 

\30日間以内なら無料で視聴できる!/

トライアル期間内に解約すれば料金が一切かかりません!
ドラマ・アニメ・映画が高画質で見放題!
たったの3分で簡単登録!

おすすめの記事