【2019年版】ディズニー映画の超面白いおすすめランキング36【名作から最新作まで】

 

超面白いおすすめのディズニー映画をランキング形式で紹介する記事です。

私は小1の頃からのディズニーファンで、部屋に20個以上のディズニーグッズを並べたり、毎年ディズニーリゾートにも足を運んでいる男子大学生です。

もちろんカチューシャもつけて入園していますよ!

そんなディズニーファンである私が実際に観た映画の中から、本当に面白かったおすすめのものだけを紹介します。(ピクサー映画も含む)

完全に私の主観でおすすめのディズニー映画を選んでいるので、その点はご了承ください。

この記事は、

    • ディズニー映画のおすすめを知りたい人
    • 観たい映画を探している人
    • まだ観たことのない映画を見つけたい人

に役に立つおすすめの記事です。

それでは、早速見ていきましょう!

もくじ

スポンサーリンク

ランキングの前に | ディズニー映画を無料で観る方法

これから紹介するディズニー映画を全て無料で観るのは難しいですが、とりあえず1作品だけ無料で観たいという方にはぴったりの方法です。

それがU-NEXTの無料トライアルに登録するというもの。

本来は月額制で映画やTV番組を見放題というサービスなのですが、無料トライアルに登録することで1ヶ月間お金がかかることなく楽しめるのです。

そしてここが最も重要な点なのですが、無料トライアル開始時に600ポイントが付与されるため、どのディズニー映画でも1作品ならそのポイントを使って無料で見られるようになります!

なので、

    • とりあえず1作品だけディズニー映画を観たい人
    • わざわざビデオレンタル屋さんに行くのが面倒な方
にはぴったりのサービスだと言えるでしょう。
ディズニーファンである私も実際に利用しており、いつでもディズニー映画を見られるのはメリットしかありません。
無料トライアルはこちらから↓
スポンサーリンク

ディズニー映画の超面白いおすすめランキング 1位〜10位

まずはディズニーファンの教えるおすすめのディズニー映画トップ10を発表していきますね。

名作から最近の作品まで混ざっているので、1度は目にしたことがあるようなものばかりでしょう。

とりあえず迷ったらこの中から見てみるといいと思います!

第1位 塔の上のラプンツェル

ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに伝えるが、例の如くに「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。

その日の朝早くに城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーは、衛兵に追われて森へと逃げ込んでいた。追っ手を振り切った先で塔を見つけたフリンは壁をよじ登って侵入するが、油断したところをラプンツェルに気絶させられてしまう。一人で侵入者を捕まえたことで自信をつけたラプンツェルはティアラを隠し、目を覚ましたフリンに、ラプンツェルは"自分を「灯り」が現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること。そうすればティアラを返す"という条件を突きつける。得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れる。

ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせる。一方、森の中に衛兵の馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つける。事態を察したゴーテルは、ラプンツェルを捜し始めるのだった。

個人的1位はなに?と聞かれたら真っ先にこれを答えます。
何と言っても映像が美しい!
当初は2Dアニメーションで作成される予定だったが、3DCGアニメーションに変更されました。
この映画の1番の見所は”ランタンを飛ばすシーン”!
ではなく、主人公のラプンツェルの自立です。
これまで外は危険だからといって塔の中に閉じ込められていましたが、外の世界を見てみたくなり勇気を振り絞って塔から脱出します。
プリンセスといっても”か弱い存在”ではなく、勇敢でわんぱくな姿に魅了されることでしょう。
その証拠に、泥棒であるフリンライダーの力を借りることなく幾多の困難も乗り越えていきます。

第2位 シュガーラッシュオンライン

好奇心旺盛でワクワクすることが大好きな天才レーサーのヴァネロペと、ゲームの悪役だけど心優しいラルフ。大親友のふたりは、アーケードゲームの世界に暮らすキャラクター。
そんなふたりが、レースゲーム<シュガー・ラッシュ>の危機を救うため、インターネットの世界に飛び込んだ!そこは、何でもありで何でも叶う夢のような世界――。ディズニープリンセスたちや、ストームトルーパー、マーベルのキャラクターたちにも出会うことができる。しかし、思いもよらない危険も潜んでいて、ふたりの冒険と友情は最大の危機に!?
果たして<シュガー・ラッシュ>と彼らを待ち受ける驚くべき運命とは…。

シュガーラッシュの続編です。
ディズニー映画には珍しく、とにかく笑える場面が多い!
私は映画館で見たのですが、各シーンで大きな笑いが起こっていました。
またディズニー好きな方には非常に嬉しい点があり、歴代のプリンセスたちが集結している点です。
映画の終盤ではこのプリンセスたちが全員であることをして視聴者を楽しませてくれます!

第3位 リメンバー・ミー

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。だが、彼の一族は代々、音楽を禁じられていた。ある日、ミゲルは先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった。日の出までに元の世界に戻らないと、ミゲルの体は消えてしまう!そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの一族の驚くべき“秘密”とは?すべての謎を解く鍵は、伝説の歌手が遺した名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

死後の世界がストーリーのメイン舞台。
死後というと怖い印象があり、ディズニー映画と相性が悪いと思われがちですが、音楽により楽しい雰囲気で表現されています。
吹き替え版ミゲルの声が個人的にすごくハマってる!
家族の温かさはもちろん、あなたを見守ってくれている先祖の大切さも学ぶことができます。
とはいえやっぱり音楽が最高です!

第4位 アラジン

砂漠の都市アグラバーに、貧しくも清らかな心を持った青年アラジンが住んでいた。ある日、宮殿を抜け出した王女ジャスミンと出会い心を通わせるが、アラジンは捕まえられて牢屋に入れられてしまう。そこに老人が現れ、助けるかわりに魔法の洞窟の奥にあるランプを取ってこいという。魔法の洞窟で不思議なランプを手に入れたアラジン。そのランプを擦ると中から魔人ジーニーが現れた。彼はアラジンに、三つの願い事を叶えてやると言い出した。

2019年に実写化もされた作品。
ディズニー映画といえばアラジンと答える方も多いのではないでしょうか?
名曲ホールニューワールドが流れるのもこの映画。
ロマンチックなシーンもあり、思わずノってしまうような楽しいシーンもあります。
ランプの精霊ジーニーが登場するシーンは大好き!

第5位 ズートピア

故郷の田舎町から憧れのズートピアにやってきたウサギのジュディ。彼女の夢は、「立派な警察官になって世界をよりよくする」こと。
でも警察官になれるのは、サイやカバなどタフな動物だけ…けれどジュディは、現実の壁に立ち向かいながらも夢をあきらめず、見事“ウサギ初!”の警察官に!
しかし、サイやゾウなどの同僚たちが動物たちの連続行方不明事件の捜査に向かう中、ジュディに与えられた任務は駐車違反の取り締まりだった。能力を認めようとしないスイギュウのボゴ署長に憤慨したジュディは、驚異的な仕事ぶりを見せる。

動物園という意味のzoo(ズー)と理想郷という意味のユートピアが合わさった造語がタイトルになっています。
主人公のジュディがiPodで音楽を聴いているシーンが割と衝撃でした。
草食動物であるうさぎの天敵は肉食動物です。
そんな肉食動物のキツネのニックと協力し、見事捜査を完遂できるのだろうか?

第6位 インサイド・ヘッド

ライリーは、笑顔が素敵な活発な11才の女の子。彼女の頭の中には5つの感情が存在する。ライリーを楽しい気持ちにすることが役割のヨロコビ、嫌いなものを拒絶する役割のムカムカ、腹が立った時に怒りを爆発させる役割のイカリ、危険からライリーを守る役割のビビリ。でもライリーを悲しませてしまうことしかできないカナシミの役割だけは謎に包まれている…。そんな感情たちは、頭の中の司令部で、ライリーを幸せにするため日々奮闘していた。

ある日ライリーは、住み慣れた大好きなミネソタを離れ、見知らぬ街サンフランシスコで暮らし始める。不安定になった彼女の心は、感情たちに思わぬ大事件を起こす。転校先の教室で自己紹介をしているその時、カナシミがミネソタでの楽しかった≪思い出ボール≫に触れてしまい、ライリーは泣きじゃくってしまう。自身でもワケがわからぬカナシミの無意識にボールに触れてしまう衝動により、ついにヨロコビとカナシミは司令部の外に放り出されてしまう!

2つの感情を無くしてしまったため、頭の中の世界は異変の兆しを見せ始め、2人は巨大迷路のような≪思い出保管場所≫に迷い込み、ヨロコビ不在の司令部も大混乱となる。その頃ヨロコビとカナシミは自分たちも今まで見たことが無かった驚きと色彩に満ちた世界で大冒険を繰り広げていた。

人間の感情がそのままキャラクターになった面白い作品。
悲しみの感情はいつもネガティブなので見る人によっては少しイライラしてしまうかも(笑)
この映画から学べることはどうして5つの感情が存在するのかということです。
どれか1つでも失ってしまうと人間はどうなってしまうのか?
またキャラクターの質感にも注目!

第7位 ファインディングニモ

舞台はオーストラリアにあるグレートバリアリーフの海。カクレクマノミのマーリンは妻のコーラルと共に卵の世話をしながら、2日後の子供たちの誕生を楽しみにしていた。ところが突然バラクーダ(オニカマス)に襲われ、幸せな日常に終止符が打たれる。気を失っていて助かったマーリンが意識を取り戻すと、妻と卵たちは姿を消していたが、たったひとつだけ卵が残されていた。父であるマーリンは、唯一残った子に、妻の遺志を尊重するべく「ニモ」と名付け過保護に育てる。

ニモは6歳になったが、あれこれと心配し過ぎるマーリンにうんざりしていた。初めて学校に登校した日、ニモは遠足でドロップオフへ行くことになるが、見送りに来たマーリンはやっぱり心配して、ニモの遠足に付いてきてしまい、「やっぱり入学は早すぎた」といって、ニモと言い争いになってしまう。頭にきたニモは、一人で船に近づき人間のダイバーフィリップ・シャーマンに捕らわれてしまう。マーリンはニモを取り戻すため、彼を乗せた白い船を見たというナンヨウハギのドリーと共に船を追いかける。しかしドリーは健忘症で、マーリンの存在などを過ぐに忘れてしまう。そんな中、2人はサメトリオに出くわし彼らのミーティングに参加する羽目になる。ミーティングの途中、マーリンはフィリップが付けていたダイビングマスクを見つけるが、誤ってダイビングマスクを深海に落としてしまい、取りに行ったところを、チョウチンアンコウに襲われそうになる。ドリーがチョウチンアンコウの明かりを利用して、マスクに書いてあった字を読んだところ、「シドニー ワラビー通り42 P・シャーマン」とわかったことから、シドニーに向かうことにする。

家族愛を感じられる作品で、子供に絶対見せたい作品の1つ。
母親の命と引き換えに生まれてきたニモを何よりも大事に思う親心がすごく伝わってきました。
たった一つの情報しかない中から、迷子のニモを見つけるまでのドキドキハラハラの冒険をお楽しみあれ!
魚目線の作品であるがゆえに、人間の残酷さもわかる作品。

第8位 美女と野獣

魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること―。だが野獣の姿になった彼を愛するものなどいるはずがなく、独り心を閉ざし本当の自分を見失っていく。そんな絶望な日々に光を与えたのは、心に孤独を抱えながらも、自分の輝きを信じて生きる、聡明で美しい女性、ベル。このふたりの出会いがお互いの運命を次第に変えていく。

真実の愛とはなんなのかということがわかる作品。
というのも町一番の美女と、醜い姿になってしまった野獣による愛の育みを表しているからです。
一方見た目はハンサムだが、心が醜い男であるガストンも登場します。
世の中の「愛してる」という言葉をすぐ使う人たちにぜひ見せたい作品ですね。(笑)

第9位 アナと雪の女王

凍った世界を救うのは—真実の愛。
ふたりの心はひとつだった。姉エルサが“秘密の力”に目覚めるまでは…。

王家の姉妹、エルサとアナ。触れたものすべてを凍らせてしまう“禁断の力”を隠し続けてきた姉エルサは、その力を制御できずに王国を冬にしてしまう。
雪や氷から大切な姉と王国を取り戻すために、妹アナは山男のクリストフとスヴェン、“心温かい雪だるま”のオラフと共に、エルサの後を追って雪山へ向かう。アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか? そして、すべての鍵を握る“真実の愛”とは…?

世界中でアナ雪ブームが起こったので見たことのある人も多いはず。
ディズニーのプリンセス映画には珍しい終わり方が印象的でした。
また上で紹介した「美女と野獣」に引き続き、”真実の愛”について学ぶことができます。
別の角度から見た”真実の愛”に注目!

第10位 モンスターズユニバーシティ

マイク・ワゾウスキ(マイク)は、小学生の頃は小さい身体つきを理由に、同級生から鬱陶しく思われていた。そんなある日、学校の授業でモンスターズ・インクの見学にきた時に、“怖がらせ屋”フランク・マッケイの勇姿を目の当たりにし、彼からも気づかれなかったことを評価され、自分も怖がらせ屋になることを決意する。月日は流れ、マイクはフランクの出身校・モンスターズ・ユニバーシティ(MU)に入学することに。

マイクが所属する、怖がらせ屋を育成する「怖がらせ学部」には著名な怖がらせ屋を代々輩出するサリバン家のエリート、ジェームズ・P・サリバン(サリー)やランドール・ボッグス(ランディ)も入学していた。しかしサリーは自らの才能に慢心しており、なにかにつけて努力家のマイクを馬鹿にする。当初は教師達から名門であることもあり、サリーの才能が高く評価されたが後に努力して成績をあげるマイクのほうが評価されていった。

モンスターズ・インクの続編ですが、それよりも過去の話が舞台になっています。
決して天才ではないが努力家であるマイクと、天才だが努力を全くしないサリーの出会いはどんなものだったのかというところに注目。
そもそも、怖がらせるために大学に行くのって面白いですよね。
終盤にこの両者が協力するシーンに感動しました。
ディズニー映画を無料で観るなら↓
スポンサーリンク

ディズニー映画超面白いおすすめランキング 11位〜20位

ベスト10には入らないが、時間が経った時にもう一度見たいという気持ちになる作品を集めました。

まだまだ名作が登場していくので、まだ見たことのない作品があれば参考にしてみてください。

第11位 トイストーリー2

ウッディ(声:トム・ハンクス/唐沢寿明)誘拐事件が発生!バズ(声:ティム・アレン/所ジョージ)とオモチャ仲間たちは、ウッディを見つけ出すために、決死の覚悟で外の世界に飛び出します。一方、“超プレミアム人形”として、カウガール人形のジェシーや馬のブルズアイと一緒に日本のオモチャ博物館へ送られようとしていたウッディは、ジェシーからある事実を聞かされて、仲間たちの元に戻りたい気持ちが揺らぎ始めていました。そんな時、さまざまな危険をくぐりぬけ、バズたちがウッディ救出に現れて…。ノンストップで突っ走るクライマックスの連続!心にグッとくる超大型エンターテイメント作品です。

トイ・ストーリーシリーズで一番おもしろいと思うのがこの2!
トイ・ストーリー4も公開されている超人気シリーズなのは間違いないです。
バズ・ライトイヤーと宿敵ザーグの関係性には流石にびっくりしました。
いつか遊ばれなくなってしまうおもちゃとして生きるか、一生たくさんの人たちに愛される展示物として生きるか、ウッディの選択に注目!

第12位 ファインディング・ドリー

あの「ファインディング・ニモ」の旅から1年後。カクレクマノミのニモとマーリン親子の大切な友達、忘れんぼうのドリーが突然思い出した家族の記憶-“カリフォルニア州モロ・ベイの宝石”。「今度は僕がドリーを助けるよ」、ニモやマーリンたちに支えられて、ドリーがたどり着いたのは海の生き物たちにとって禁断の《人間の世界》だった…。そこで、ドリーは7本足のタコのハンクや泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニー、自分に自信がないシロイルカのベイリーなど、個性豊かな新しい仲間たちと出会う。ドリーのパパやママは一体どこに?

ファインディング・ニモの続編です。
今度はドリーという記憶をすぐに忘れてしまう魚にスポットが当たった作品。
小さい頃のドリーの声がめちゃめちゃ可愛い!!
ドリーの両親を探す旅に出かけるのですが、忘れっぽい性格のために親とはぐれてしまったことさえも忘れていたという事実に悲しくなってしまいました。
あとタコのハンクがめっちゃいいやつ!かっこいい!!

第13位 マレフィセント

とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。

眠れる森の美女で悪役だったマレフィセントが主役の作品。
一見暗い印象を受ける映画なのですが、マレフィセントの過去を知ればよりその世界に引き込まれることでしょう。
眠れる森の美女ではオーロラ姫に呪いをかけたただの悪役として描かれたマレフィセントですが、その本当の理由に感動間違いなし。
マレフィセント2も公開予定らしいですよ!

第14位 シュガーラッシュ

ゲームの世界の“裏側”で繰り広げられる大冒険! 閉店後のゲームセンターで動き出す、人間が知らない<ゲームの裏側>の世界。そこでは、様々なゲームキャラたちが、笑ったり、怒ったり、人生に悩んでたりしていた!?長年演じてきた悪役に嫌気がさし、自分のゲームを飛び出したラルフは、お菓子の国のレース・ゲーム“シュガー・ラッシュ”で仲間はずれの少女ヴァネロペと出会い、友情を深めていく。しかし、ラルフの脱走はゲームの世界にパニックを引き起こし…。ヒーローに憧れるラルフは、ヴァネロペと彼らの世界を救えるのか?ワクワクドキドキ、そして思わずグッとくる、感動のファンタジー・アドベンチャー!

ゲームの世界がこの作品の舞台。
クッパやパックンを見て、懐かしい気持ちになる人も多いでしょう。
悪役であるラルフはゲームが終わっても、除け者にされてしまい誰も信用できなくなっていました。
そんな中で少女ヴァネロペと出会い、少しずつ友情を深めていくことに。
この少女ヴァネロペの本当の姿に注目!

第15位 カーズ

若き天才レーサー、マックィーンは、「レースでトップになることだけが人生の全て」と信じて疑わない身勝手な性格。そんなマックィーンが、チャンピオン決定戦へと向かう途中で迷い込んだ田舎町≪ラジエーター・スプリングス≫。その町の個性的な住民、サリー、メーター、ドック・ハドソンらとの人情味溢れる触れ合いによって、次第にマックィーンの心には変化が表れ始める。やがて彼は、ゴールを勝ち取ることよりも、もっと大切なことに気づいていき…。最高のスピード感、最高の楽しさ、最高の感動が味わえる、“人とのつながりのあたたかさ”に気づかせてくれる感動のストーリー。

この作品を実際に観るまではただのレーシング映画だと思っていましたが、ちゃんとディズニー映画でした。(日本語が下手)
自信家で身勝手な性格のマックィーンが、町の人の温かさや優しさにふれ成長していくお話です。
最初は「なんだこの生意気なレーシングカーは!」と感じていたのが、終盤になると「頑張れ!負けるな!」という気持ちに変わっていたのであら不思議。

第16位 ライオンキング

ジャングルの王の後継者として産声を上げた、ライオンの子供シンバ。動物たちは、この新しい生命、善き世継ぎの誕生を喜び祝うが、邪悪な叔父スカーは権力を狙って父王を陰謀にかけ、殺してしまう。国を追われたシンバは、サバンナのはぐれ者であるハイエナたちと暮らしはじめた。ある日シンバは、幼なじみのナラに故郷の悲惨な状況を聞かされる。故郷のジャングルは、スカーの横暴な支配によって荒れ果てていた。シンバは仲間を引き連れ、父を殺したスカーに挑んでいく。

ディズニー不朽の名作です。
超実写化されることでも話題になっていますね。
序盤でシンバの父親が殺されてしまい、責任を感じたシンバは故郷から逃げ出してしまいます。
その先で出会ったプンヴァとティモンが最高にいいやつで、こんな友達が欲しくなること間違いなしです!

第17位 リトル・マーメイド

世界中で愛される永遠の名作、青い海のミュージカル・ファンタジー純粋でいつも好奇心いっぱいのマーメイド、アリエルは、仲良しのフランダーやカニのセバスチャンたち愉快な仲間と一緒に海の王国に暮らすお姫さま。陸の世界に憧れるアリエルは、人間の王子エリックと出会い、恋に落ちます。アリエルは一途な恋を叶えるために、海の魔女アースラとの魔法の約束を果たさなければならず…。アンデルセンによる世界的な名作童話を原作に、ディズニーが心躍る音楽とファンタジックな夢と希望の物語を明るく楽しく描いた、青い海のミュージカル・ファンタジー!アカデミー賞(R)2部門に輝く、世界中で愛され続ける永遠の名作。

人魚姫という全ての女の子が憧れるようなキャラクターが主役の作品。
実写化されることでも話題になりました。
カニのセバスチャンが歌う「アンダーザーシー」は聴くだけで楽しくなります!
人魚姫のアリエルは王子エリックに会うために、自らの声を犠牲に足をもらいます。
それほどまでに会いたくなるような人は、あなたにはいるでしょうか?

第18位 カールじいさんの空飛ぶ家

僕の友だち、78歳。78歳のカールじいさんは、最愛の妻エリーに先立たれ、彼女との思い出が詰まった家でひとり暮らしをしていた。幼なじみだったふたりは、冒険家チャールズ・マンツに憧れて、彼が幻の鳥を追って消息を絶った南米の“パラダイスの滝”に、いつか一緒に行こうと約束していた。ある日、カールじいさんはエリーとの約束を果たすため、人生最大の決心をする。住み慣れた家に無数の風船を結びつけ、“パラダイスの滝”を目指して大空へ!偶然空飛ぶ家に乗り合わせた少年ラッセル、南米で出会う不思議な犬ダグと共に、冒険の旅が始まる。思いもよらない運命が待ち受けるとも知らずに…。

超頑固なじいさんの話。ではなく、本当は心が温かいおじいさん。
ですが最愛の妻に先立たれ、一緒に旅行に行く夢が途絶えてしまいます。
カールは家の中に引きこもるようになってしまい、都市開発による立ち退きにも応じようとはしませんでした。
そんなある日、冒険家の夢を諦めきれずに旅に出ることを決意。
なんと家ごと風船で飛んで旅に出かけてしまいます
大人が見ると非常に考えさせられる作品となっています。

第19位 パイレーツオブカリビアン

呪われた海賊たち
ポートロイヤル総督の娘、エリザベス・スワンは海賊船ブラックパール号の船長・ヘクター・バルボッサに連れ去られる。エリザベスと幼馴染である鍛冶屋のウィル・ターナーは、バルボッサに恨みのある、海賊・ジャック・スパロウと手を組んで彼女を救う冒険へと旅立つ。

デッドマンズ・チェスト
前作から3年後、ウィル・ターナーとエリザベス・スワンはジャック・スパロウの逃亡を手助けしたことを理由に逮捕され、東インド貿易会社のベケット卿は釈放と引き換えに「コンパス」を手に入れることを命じる。同じころ、ジャックはかつてデイヴィ・ジョーンズと交わした契約に追われていた。

ワールド・エンド
デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたベケット卿は、フライング・ダッチマン号を使って海賊たちを次々と打ち破っていた。これに立ち向かうべく9人の伝説の海賊船長たちが集い、エリザベスを海賊王として決戦に臨む。一方、ウィルは父親ビルを救うため、ダッチマン号に捕らわれる。

生命の泉
ジャック・スパロウは、手元にある宝の地図を元に、永遠の命をもたらすという生命の泉を目指して旅に出ていた。そこへ、かつて愛した女海賊アンジェリカが現れる。一方、ジャックの因縁であり、英国王に忠誠を誓った英国海軍将校となったヘクター・バルボッサも、英国王の命に従って生命の泉を目指す航海に出た。誰も辿り着けないと言われる泉を巡って、最強の海賊たちが動き出す。

最後の海賊
幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長として呪われた運命を生きるウィル・ターナーの息子ヘンリーは、父を救うため「ポセイドンの槍」を探す旅に出るが、魔の三角海域で“海の死神”サラザールに襲われ、船は遭難し植民地の島に流れ着く。そこで美しい天文学者カリーナと出会うが、彼女も父が残した「ガリレオの日記」の謎である、「ポセイドンの槍」にたどり着く方法を探していた。

簡単にいうと、海賊のお話。
シリーズが続いているのですが、どれも面白いので絞れませんでした。(笑)
1作品だけではなく、シリーズを通して見て欲しい理由は前の作品で敵だったやつが今度は仲間になるという展開があるからです。
アンパンマンでいうと、ばいきんまんが仲間になって共通の敵を倒すために協力する感じ。
それがめちゃめちゃ熱いので、ぜひ見てください!

第20位 レミーのおいしいレストラン

フランスの片田舎で暮らすレミーは、料理の天才。いつの日か一流レストランのシェフになることを夢見ている。けれど、それは叶わぬ夢…そう、レミーはネズミだから。そんなレミーが、ある事件をきっかけに、パリにある憧れのレストラン“グストー”にやって来る。そこで見習いシェフ、リングイニと出会い、ふたりはあきらめかけた夢に向かって素敵な≪奇跡≫を巻き起こしていく! 自分を信じて一歩踏み出す勇気をくれる、“夢のレシピ”をお届けします。

ネズミのレミーが主役のお話。
料理の腕は一級品であるレミーが、パリにある1流レストランのシェフになることを夢見ています。
ですが当然、レミーはネズミなのでレストランに侵入すれば大きな騒ぎとなり、到底かなわない夢だと思われるでしょう。
そんなレミーが見習いシェフのリングイニと出会い、彼を使って料理をし始めるのです。
人間とネズミの最高におかしなコンビネーションをご覧あれ!
ディズニー映画を無料で観るなら↓

ディズニー映画の超面白いおすすめランキング 21位〜36位

ここから紹介するディズニー映画は下位なのですが「数多くある作品から選んだ映画」なので、決してつまらないわけではありません。

マイナーな作品も含まれますので新たなディズニー映画と出会いたいという方にはおすすめです!

第21位 モアナと伝説の海

少女モアナは、幼いころに不思議な体験をしていた。まるで海が生き物のようにモアナに触れ、何かを伝えようとしたのだ。だが、モトゥヌイには島を取り囲むサンゴ礁の外には出てはいけないという掟があり、航海は禁じられていた。掟を守る村長のトゥイは、「大海原に飛び出して、その先に何があるのか見てみたい」という気持ちを募らせる娘のモアナに、「海は危険だ。お前の幸せはここにある」と言い聞かせていた。
ある日、モトゥヌイに不穏な出来事が起こり始める。ココナッツの木が病気にかかり、魚も捕れなくなったのだ。それらは全て、半神半人のマウイが盗んだテ・フィティの<心>によって生まれた闇が、今にもモトゥヌイを飲み込もうとしているからだった…伝説は本当だったのだ。
「自分の心の声に従うように」―タラおばあちゃんの最期の言葉を胸に、自分の運命を知ったモアナは大海原へと旅立つ。テ・フィティに<心>を返すために、愛する島と皆を救うために―。

初めてこの作品を見たときに、海や砂浜のリアルさに感動したのを覚えています。
それとやっぱり音楽が最高!
マウイのノリのいい曲や、巨大ヤドカリみたいなやつの怪しい曲によってこの映画の中に引き込まれていく感じがしました。
個人的にはモアナと一緒にいたニワトリがヘンテコでかわいかった。

第22位 101匹わんちゃん

ロンドンに住む作曲家ロジャーとダルメシアン犬ポンゴは、公園で素敵な女性アニータと愛犬パディータに出会います。やがてロジャーとアニータは結婚、ポンゴとパディータは15匹のかわいい子犬に恵まれます。ところがある晩、毛皮好きの悪女クルエラに子犬たちが誘拐されてしまいます。子犬たちを探すため、ポンゴは“遠吠え”で犬の仲間に協力を求めます。ポンゴのSOSは犬から犬へと伝わり、ついに子犬たちが郊外のクルエラの館にいることを突き止めます。愛しい子供を救いたい一心で、遠い道のりを駆けつけたポンゴとパディータ。そこには、なんと99匹ものダルメシアンの子犬たちが!

犬好きの方には最高の映画でしょう。特にダルメシアン。
クルエラの悪者感がすごく出ててかなり好き。
この映画はかわいい子犬を見て楽しむ作品だと思って観ることをおすすめします!

第23位 モンスターズ・インク

モンスターズ社のエリート中のエリートで全社員の憧れの的となっているのが、悲鳴獲得ポイントNO.1の怖がらせ屋、サリーことジェームズ・P.サリバンだ。 仕事上のパートナーで大親友のマイク・ワゾウスキとのコンビは完璧。一目見ただけでビビってしまう恐ろしいルックスと、日々の厳しい訓練の成果である脅かしテクニックで、次々とエネルギー・ボンベを子供の悲鳴で満タンにしていく。だが、実はモンスターの方こそ、子供たちを心底怖がっていた。 そしてモンスター・シティの歴史を揺るがす大事件は、ある日突然に起こった。仕事を終えたサリーが残務整理をしていると、そこには小さな人間の女の子が立っていたのである!会社に知られれば自分たちも隔離されてしまうため、サリーとマイクは厳しい追跡を逃れてこっそりと少女を人間界に戻そうとするが…。

人間の子供を驚かせることでモンスター界のエネルギーを得ている会社が舞台の作品。
モンスターとひとりの子どもが繰り広げる、友情あり、笑いあり、感動ありのユーモラスではちゃめちゃなストーリーに注目!
反応がいちいち面白いのでマイクは大好きなキャラクターです。

第24位 メリーポピンズ・リターンズ

舞台はロンドン──ミステリアスで美しい魔法使いのメリー・ポピンズが、母を亡くし、窮地に陥った家族の元に空から舞い降りた。エレガントでマナーに厳しい彼女の“上から目線”の言動と美しくも型破りな魔法によって、家族は再び希望を取り戻し始める。
幸せを運ぶ魔法使いメリー・ポピンズがディズニー史上最高のハッピーを届ける、極上のミュージカル映画が誕生!

メリーポピンズは子供だけに見える魔法を使って彼らを楽しませます。
ミュージカル作品なのであらゆる場面で音楽が流れ、ダンスパフォーマンスも見られるのでエンターテインメントが好きな方には非常におすすめですね!
個人的に、壺を割ってしまった後のシーンが好きなので注目してみてください。

第25位 ベイマックス

謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロ。深く傷ついた彼の心を救ったのは、人々の心と体を守るために兄が開発したケア・ロボットのベイマックスだった。兄の死の真相をつかもうとする二人だったが、彼らの前に未知なる強大な敵が立ちはだかる。ケア・ロボットとして人を傷つけることを禁じられているベイマックスに、大切なヒロを守り切ることはできるのだろうか?
そして、兄がベイマックスに託した、驚くべき“使命”とは…?

ゆるふわなロボットが登場する映画なのかと思いきや、バリバリのアクション映画でした。
マーベル作品を彷彿とさせるようなバトルシーンがあり、それでいて最後は綺麗に締めてくるあたりさすがだなと感じましたね。
序盤で亡くなった兄の思いを受け継いだベイマックスの決断に注目!

第26位 ノートルダムの鐘

舞台は中世のパリ。空高くそびえ立つノートルダム大聖堂の鐘楼に、カジモドという心優しい鐘つき男がひとりぼっちで暮らしていました。冷酷な判事フロローに育てられた彼は鐘楼の外へ出ることを許されず、いつも塔の上から街を眺めては自由を夢見ていました。そして、年に一度の“道化の祭り”の日、愉快な石像ガーゴイルたちに励まされ、ついに塔を抜け出します。生まれて初めての華やかな世界。カジモドは自由を愛し強く生きるジプシーの娘エスメラルダと出会い、初めて友情を知り、そして自らの運命を変えてしまうような冒険に引き込まれていくのです。
個性あふれるキャラクター、アカデミー賞(R)ノミネートの胸を打つ音楽と息をのむ美しい映像。ユーゴーの原作をあの「美女と野獣」のスタッフが壮大なエンターテイメント作品に作り上げました。

ややマイナー作品か、みたことがないという人も多いはず。
主人公のカジモドはその風貌から怪物だと罵られてしまいます。
ですが心は非常に綺麗で、人の心を思いやることができる青年です。
内容はややシリアスなものを含み、終わり方も決してハッピーエンドではないので、一味違ったディズニー映画を楽しみたい方にはおすすめ!

第27位 シンデレラ(実写)

貿易商の父と優しく美しい母の愛情を一身にうけ、幸せな子ども時代を過ごしていたエラ。しかし、母が病に倒れこの世を去り、仕事で長旅が多い父は、エラをひとりで家に残すことを忍びなく思い、新たな妻を迎え入れるが、旅先で父までもが帰らぬ人となってしまう。すると、まま母と姉たちはエラに辛くあたるようになり、山のような仕事を言いつけ、屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするように…。寒さに耐えられない夜、ぬくもりの残る居間の暖炉の前で眠ったエラ。翌朝、顔に暖炉の灰をつけたまま働くエラを、姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼び、大笑いする。
ある日、城で王子の妃選びの為に国中の未婚の女性を招いての盛大な舞踏会が開かれることに。
エラは亡き母のドレスを着て参加しようとするが、まま母と姉たちにドレスを引きちぎられてしまう。希望を失いかけていたエラの前に、フェアリー・ゴッドマザーが現れる。
彼女が魔法の杖を振ると、カボチャは馬車に、トカゲは御者に、破れたドレスは美しいドレスに、そして、履きなれた靴は、光り輝くガラスの靴に変わった。
「魔法が続くのは12時まで。さあ、楽しんでおいで」。エラはキットに会うために、お城に向かうのだった。

ディズニー作品でも非常に有名なシンデレラの実写版。
シンデレラ役の女優さんが美しすぎる!!
一番好きなシーンはフェアリー・ゴッドマザーに魔法をかけられて、青色のドレスを身にまとう場面
ただの青色ではなく、とても綺麗な青色なので一際目立つシンデレラの美しさが表現されているのでしょう。
最後の「あなたを許します」というセリフがかっこよすぎる。

第28位 ミスターインクレディブル

Mr.インクレディブルことボブ・パーと妻のヘレンは、かつて世の中の平和を乱す悪と闘い、人々を危機から救い出す大活躍をしていた。ところが、15年前のスーパー・ヒーロー制度廃止を機に、夫妻は一般市民として暮らすことを余儀なくされ、3人の子供たちヴァイオレット、ダッシュ、ジャック・ジャックと共に、“普通”の家族生活を送ろうと努力していた。再び世界を救うことを夢見続けるボブの元に、ある日、謎の手紙が届く。それは、彼と彼の愛する家族にとって、想像を絶する冒険の始まりだった…。

子供から大人まで楽しめる作品の1つで、笑えるシーンがたくさんあります。
また明るい映画なので、楽しい気持ちになりたい方や家族で見るのにおすすめです!
ジャックジャックがかわいい。

第29位 白雪姫

すべてはここから始まった。美しく心優しい白雪姫。その美しさを妬む継母の女王から命を脅かされ、森の奥深くに逃れた白雪姫は、7人のこびとたち――おとぼけ、ねぼすけ、くしゃみ、てれすけ、ごきげん、先生、おこりんぼ――と出会い、一緒に暮らし始めます。ある日、老婆に姿を変えた女王が訪ねて来て、毒リンゴを口にしてしまった白雪姫。横たわる白雪姫の傍らで悲しむこびとたちの元に王子様が現れて…。

ディズニーの長編映画1作目なのは意外と知られていない事実。
内容が好きというか個人的には7人のこびとが大好きで、小さい頃によく見ていました!
なので子供におすすめの映画だと言えるでしょう。
白雪姫が歌う曲は誰もが1度は聞いたことがあるはず。

第30位 ヘラクレス

ギリシャ神話の昔。オリンポスの偉大な支配者ゼウスに息子が生まれました。名前はヘラクレス。稲妻をおもちゃにするほどの力を持った赤ちゃんに、ゼウスの地位を狙う死者の国の神ハデスは将来を案じ、ヘラクレスを人間の世界へ追いやってしまいます。成長し自分が神の子であることを知ったヘラクレスは、父との再会をはたしますが、神となる条件はただ一つ“本当のヒーロー”になることでした。修行の旅に出たヘラクレスに次々に襲いかかるハデスの罠。果たしてヘラクレスは“本当のヒーロー”になれるのでしょうか。あの「アラジン」の制作スタッフが贈る、天地を駆けめぐる壮大な冒険ファンタジー!

こちらもややマイナーな作品で、名前自体は聞いたことがあるけど映画の内容は知らないという人も多いでしょう。
あらすじは上に書いているので割愛しますが、登場する悪役が珍しく弱々しい印象なんです。
というのも神の中で立場が弱く、最初に登場するシーンでは”ばいきんまん”のような感じがしてしまいました。(笑)
ですが終盤ではしっかりと悪役らしく動いてくれるのでご安心を。

第31位 眠れる森の美女

オーロラ姫は、誕生のお祝いに妖精たちから美しさときれいな歌声を授かります。ところが、魔女マレフィセントは、オーロラ姫に“16歳の誕生日に、糸車で指を刺して命を落とす”という恐ろしい呪いをかけたのです。やがて16歳の誕生日を迎えるオーロラ姫。森でのフィリップ王子との出会い、呪いの実現、そして、呪いを解く運命のキス…。誰もが憧れるあの最高にロマンチックな瞬間が訪れます。

眠りについてしまったオーロラ姫を救うために果敢に戦うフィリップ王子にときめきたい方におすすめの作品。
魔女のマレフィセントはとても強力な悪役なので、思わず応援してしまうことでしょう。

第32位 ピーターパン

ロンドンの住宅街に住むダーリング家の子どもたち、ウェンディ、ジョン、マイケルは、空飛ぶ少年ピーター・パンのお話に夢中。ある晩、ダーリング夫妻がパーティーに出かけた後、本物のピーター・パンがやってきます。3人は大喜びでピーターの住むネバーランドへ飛び立ち、島を探検したり、人魚の入江で遊んだり、インディアンの娘を助けたり、わくわくするような冒険をします。

子供に絶対見せたい作品の1つ。
ピーター・パンと空を飛ぶシーンは子供心に強く残り、自分も飛んでみたいと思うようになることでしょう。
フック船長との戦闘シーンにも最後まで目が離せません。
音楽もディズニー映画らしいもので、楽しい気持ちにさせてくれます!

第33位 わんわん物語

永遠の“名シーン”があなたのもとに。 ご主人の温かい愛情に包まれて育ったコッカースパニエルのレディと、自由を愛する野良犬トランプ。異なる世界に暮らしながらも、2匹は互いに惹かれ合い、心を通わせていきます。ところがある晩、ご主人の留守中にレディの家で大変な事件が起きて…。ロマンティックな名曲“ベラ・ノッテ”を始め珠玉の音楽に彩られた、愛らしく個性豊かな犬たちが冒険を繰り広げる心温まる物語。

あらすじにも書いてありますが、あの名シーンが観られるのはこの映画!
2匹の犬が同じパスタを食べて、最後に......というシーンですよ!!
トランプはとりわけ見た目が良くかっこいい犬というわけではありませんが、とてもかわいいレディと互いに惹かれていきます。
ヨーロッパの雰囲気と名曲”ベラ・ノッテ”により、一層ロマンチックさが増しています。

第34位 くまのプーさん

のんびり屋でくいしんぼう、はちみつが何より大好きなプーさんは、いつものように腹ペコで目覚めます。自分の家のはちみつが底を突いていたことを知り、はちみつを求めて家を出ます。
100エーカーの森にはティガー、ラビット、ピグレット、カンガ、ルー、イーヨー、そしてクリストファー・ロビンらが勢ぞろい。
でも、イーヨーが尻尾を無くしてしまって元気がありません。クリストファー・ロビンの提案で、「イーヨーのしっぽを探すコンテスト」をすることになったプーさんたち。みんなイーヨーの尻尾の代わりになるものを色々と集めてくるのですが、どれもしっくりきません。
そんな中、クリストファー・ロビンが書置きを残していなくなってしまいます。そこには「でかける。いそがしい。すぐもどる。」と書かれていたのですが、オウルがこの文を読み違えてしまい、“スグモドル”という名の怪物がロビンをさらった犯行声明だと思い込んでみんなに知らせたから大騒ぎに!ただちに森の仲間たちが集結し、クリストファー・ロビンを怪物から救い出すための騒々しい探索が始まります。ただ、はちみつを見つけようと出かけただけだったプーさんでしたが、なんとも忙しい一日になってしまったのです。

プーさんがかわいい!!
はちみつを食べたくなる!!
そんな作品。
癒されたい時に見ましょう!
子供と一緒に見るのもおすすめです。

第35位 アリス・イン・ワンダーランド

全世界で愛され続けるルイス・キャロル原作「不思議の国のアリス」のその後を描いた新たなストーリーを、ディズニーが監督ティム・バートン×主演ジョニ―・デップで贈る最高のエンターテイメント。
19歳に成長したアリス(ミア・ワシコウスカ)は、パーティを抜け出し、白うさぎを追いかけて大きな穴に落ちてしまう。行き着いた先は<ワンダーランド>。そこでアリスは、マッドハッター(ジョニー・デップ)、白の女王(アン・ハサウェイ)、赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)など、摩訶不思議な住人たちと出会う。
マッドハッターは、アリスこそがワンダーランドの独裁者 赤の女王による支配を終わらせることのできる“救世主”だと信じていた。
いつの間にかワンダーランドの運命を背負ってしまったアリスは、赤の女王との戦いに巻き込まれていく―。

不思議な世界観で、おかしなキャラクターたちが登場します。
この映画を見れば、アリス強くね??って誰もが終盤に思うはずです。
個人的に1番印象に残っているシーンが青い芋虫のセリフで、映画の中でアリスに出会った時に「ほとんどアリスじゃない」といった場面です。
というのも幼い頃にワンダーランドへやってきたアリスは無邪気で固定観念を持たない子供だったのに対して、この時のアリスは成長してたくさんの人と関わりを持つ中で変わってしまっていたからでしょう。
映画の終盤ではこの芋虫は別の言葉をアリスにいうのでそこに注目!

第36位 ピノキオ

<星に願いを>と共に、あの名作が永遠に。 独り暮らしのゼペットは、木で作ったあやつり人形にピノキオと名付け、いつか本当の子供になるようにと星に願いをかけます。するとその晩、妖精が現れてピノキオに命を授けます。そして、“良心”ジミニー・クリケットに従って、勇敢で正直で思いやりがあれば、本物の子供になれると告げるのです。ところが、ピノキオは正直ジョンの巧みな誘惑に乗せられてしまい…。

ディズニーの一番の名曲といっても過言ではない「星に願いを」が使われている作品。
人形だったピノキオが魔法によって人間の子供になり、おじいさんと成長する姿に感動すること間違いなし!
おじいさんがクジラに飲み込まれてしまった時、ピノキオがどのような行動に出たのか注目。
ディズニー映画を無料で観るなら↓

まとめ | 超面白いおすすめのディズニー映画

ディズニー

めちゃめちゃ長くなってしまいました!!!

正直、ディズニーファンとして順位をつけるのは心苦しいものがあったのですが、なんとか書ききることが出来ました。

20位以降はどれもほとんど大差なく、どれも好きな作品であることは間違いありません。

ですがトップ10は本当に迷ったので、ハズレはないと考えています!

あくまで個人的ランキングなので、その作品がその順位なのはおかしいなどといった意見は受け付けておりません。(笑)

以上、超面白いおすすめのディズニー映画ランキングでした!!

このランキングを見てディズニー映画を観たくなった方はU-NEXTの無料トライアルが人気です!

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.学生の方はこちらがおすすめ!→Prime Studentが月204円で便利すぎる
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事