【実写版アラジンレビュー】召使いのリーダー・ハキームに注目して見てほしい!

 

実写版アラジンがとうとう日本でも公開されましたね!

ディズニーが大好きな私は、公開初日に見ることができました。

もちろん字幕版で見ましたよ!

実写版アラジンの映画チケット

感想を一言で言うとね、スミス主張強すぎ

実写版アラジンのグッズを紹介している記事はこちら↓

 

その他のアラジンに関する記事はこちらから↓

 

ディズニー映画を無料で視聴するならこちら↓

スポンサーリンク

実写版アラジンの感想、レビュー

実写版アラジンは幅広い年齢層の方に楽しんで観てもらえる映画だと感じました。

また、アニメ版の「アラジン」を見ていない人におすすめできるので、ぜひ見てほしいです。

 

シアター内のあちこちから、クスッとした笑い声が終始聞こえてくるほど楽しませてくれる映画で、ディズニー映画でこんなに笑うことってなかなかないんじゃないか?と思うほど。

 

主人公のアラジンも抜けているところが多く、王宮に入ってからジーニーとの掛け合いの部分があるのですがシアター内爆笑。

コントを見せられているような気分になっちゃいました。(笑)

 

 

また映像も美しく、アニメ版のロマンチックさを忠実に再現していて感動モノでした。

何より映画の始まり方が予想外すぎて、別の映画を想像してしまいました。

 

音楽の面では新たに、アグラバーの王女ジャスミンのソロ曲が追加されていました。

タイトルは「Speechless」と言うのですが、日本語訳で「無音、心の声」を意味します。

 

ジャスミンの歌声は繊細でありながらも力強さを秘めており、見ていた人の感情をもっとも大きく動かした曲だと言えるでしょう。

これは映画をみ終わった後に、何度もリピートしたい曲ですね。

 

スポンサーリンク

アニメ版アラジンとの違いは?

実写版のアラジンではいくつかの変更点がありました。

始まり方

アニメ版では、小さな行商人がアラビア物語を語ることでストーリーが始まりました。

ですが今回の実写版では、ジーニーが自分の子供達に昔話を聞かせるという始まり方でした。

船の上から始まるという点も新しかったですね。

 

国王の性格

アニメ版アラジンでは、ジャスミンの父でありアグラバーの国王であるサルタンは、抜けているところが多く、優しいおじいちゃんといった印象が強かったかと思います。

ですが実写版では、厳しい口調でジャファーやジャスミンに接したり、王子様の行進を見てもかなり落ち着いていました。

国の法律を忘れているなんてこともありませんでした。

 

ジャスミンの性格

アニメ版では外の世界を見てみたいと願う、少し気の強い王女様という設定でした。

ですが実写版では、この国の王のような立場になって民を救いたいといった野望や、「Speechless」という曲にも表現されているように、どんな逆境にも負けないといった強さを持っています。

これは現代に合わせた変化だと考えます。

プリンセスは王子様に助けてもらうだけの弱い存在ではなく、自分一人でも戦い抜いてやるという強い要素を含めているのでしょう。

 

イアーゴがただのオウム、いや怪鳥に!

アニメ版アラジンの人気キャラの一匹イアーゴ。

ジャファーのしもべで、言葉が話せるオウムのイアーゴは実写版アラジンではただのオウムでした。

当然会話はできず、覚えた言葉を繰り返すだけ。

「チンケなやつだけど、ダイジョーブか〜〜い??」

というセリフは聞けませんでした......。

しっかり最後はジャファーとともにランプへ閉じ込められてしまいましたがね。

 

召使いのリーダー「ハキーム」

今回の実写版ではアニメ版には登場していなかった新たなキャラクターも登場します。

中でも私が注目したのは、王宮の召使いのリーダー「ハキーム」です。

彼が子供の時から王宮で召使いとして働いており、劇中でもそのことについて触れられていました。

なお、王宮にはお父さんときたようですね。

今回はそんなハキームに焦点を合わせてお話したいと思います。

スポンサーリンク

王宮の召使いのリーダー「ハキーム」とは何者?

ハキームはジャスミン王女のいる王宮の召使いで、リーダー的ポジションについています。

(追記:召使いというよりは衛兵のリーダー格である隊長です。)

 

劇中で説明されていたのは、ハキームが子供の頃から王宮に使える召使いだったということです。

なので王宮に使える召使いの中でも大ベテランだと言えるでしょう。

ハキームの命令には、王宮にいる全ての衛兵が従います。

これはハキームが王様に従えば、衛兵も王様に従い、
ハキームがジャファーに従えば、衛兵もジャファーに従うということです。

かなりの真面目な性格で、法律(ルール)や身分を大事にしています。

 

そんな彼の葛藤する様子が、この映画の1つの注目ポイントなのです。

おそらく映画をみた人の多くが、彼の姿を印象的に覚えているのではないでしょうか?

 

劇中でハキームは、ある大きな問題に直面してしまいます。

その問題とは、自分がこれまで持っていた信念をジャファーに利用されて、王になったジャファーに仕方なく従わなければならないというものでした。

そしてハキームの役職上、その決断は王宮全体を動かすような問題だったのです。

 

そんな彼を救ったのは、彼が子供だった頃から知っているジャスミンでした。

ハキームは小さな子供の頃にお父さんに連れられて、アグラバー宮殿にやってきたと説明されていました。

そんなハキームの姿を長い間見てきたジャスミンは彼に「あなたはアグラバーのために真剣に尽くしてくれたわ、だから他の衛兵はあなたに従う。どちら側につくのかはあなたに任せる」と。

結果的に見かけだけの王であるジャファーではなく、ハキームはサルタン国王を選びました。

ジャスミンの圧巻の歌声で披露されたSpeechlessの後のシーンだったので、ハキームという存在もこの映画に不可欠な存在だったのでしょう。

 

ハキームの過去を想像で物語にしてみたので、よかったらみて見てください↓

ハキームを演じるのは誰?

ヌーマン・アチャル

トルコ出身の俳優である「ヌーマン・アチャル」です。

長い髭が特徴的な人物ですね。

主な登場作品は、

  • 女は二度決断する

です。

宮内 敦士

また吹替版でハキームの声を担当するのは「宮内 敦士」です。

低く重厚なが特徴で、マーベルシリーズブルース・バナーことハルクの吹替えが広く知られています。

他の主な作品は、

  • 女弁護士、犯す!
  • 新・男樹
  • 相棒

などですね。

実写版アラジンは是非劇場で観よう!

実写版アラジンは非常に高クオリティーの作品でした。

冒頭から鳥肌が立ってしまう方も多いでしょう。

そして何より、終始笑わせてくれる登場人物がいるので飽きることがありません。(笑)

ジーニー

なので字幕版と吹替版のどちらで観ても、きっと楽しめるでしょう。

ですが私個人のおすすめは字幕版なので、この記事を読んで映画を観たくなったと言う方はぜひ字幕版で観に行きましょう。

それでは、最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事