トイストーリー4

 

トイストーリー4についての感想記事です。

本記事では「【トイストーリー4評価】ファン目線でのネタバレ感想と注意点について解説!」というタイトルで書いていきたいと思います。

 

今日(2019年7月12日)、日本で公開して初日にトイストーリー4を観てきました。

私はディズニーが大好きで、トイストーリーシリーズも1〜3まで全部繰り返し見ており、この日を待ちわびていました。

正直、予告動画の時点で感動してしまうほどでした。(笑)

なので映画館でも滝のような涙を流す覚悟でハンカチを持っていきました!

その結果......なんと涙を流すことなくエンディングに

これほどまでに期待を寄せていたトイストーリー4という作品に何があったのか、また全体を通してどういう評価なのか書いていこうと思います。

この記事は、

    • すでにトイストーリー4を観た人
    • まだ観ていないけどネタバレは気にしない人
    • ディズニーファンはどう感じたのか気になる人
におすすめの記事となっています。
それでは、早速見ていきましょう!
スポンサーリンク

トイストーリー4のあらすじは?

アンディ・デイビスの元からボニー・アンダーソンの元へと渡ったバズ・ライトイヤーらおもちゃ達は、相変わらず楽しい毎日を過ごしていた。一方、ウッディは遊ばれる頻度が少なくなり悲しさを覚えていた。ボニーは新しく幼稚園に通うことになるが、内気な彼女はなかなか幼稚園に馴染めなかった。それを見かねたウッディの助けもあり、ボニーは先割れスプーンやモールなどを使用して手作りのおもちゃフォーキーを工作する。フォーキーを作ったことでボニーは明るくなり、彼は1番のお気に入りのおもちゃになった。しかしフォーキーは、自分はおもちゃではなく「ゴミ」だと思い込んでおり、目を離すとすぐにゴミ箱に入りたがってしまう。

ある日、アンダーソン一家がキャンピングカーでドライブ旅行に行くこととなるが、移動中、遂にボニーの元からフォーキーが逃げ出してしまう。それにより、彼を連れ戻そうとウッディもフォーキーの跡を追うこととなる。

ウッディはフォーキーを見つけ、ボニーの元へと戻る道すがら、長年離れ離れでいた人形ボー・ピープの電気スタンドを見つけ、トラブルに巻き込まれていく。

というあらすじで、「あなたはまだ─本当の「トイ・ストーリー」を知らない。」というキャッチコピーのもとで公開されました。

ちんあなご先輩
まだ自分は本当のトイストーリーを知らなかったのか!
てか本当のってなんだよ。
というのが最初の印象でしたね。
本当のトイストーリーを知るために、私は映画館へと乗り込んで行きました。
スポンサーリンク

トイストーリー4の率直な感想

トイストーリー4

私個人の率直な感想を述べさせてもらうと、”終盤のシーンが残念に思えたが、終始笑わせてくれるので楽しめる作品”という印象でした。

楽しめた、気分が高まった部分としては、

  • 冒頭でこれまでのシリーズを回想するシーン
  • フォーキーの初登場
  • ボー・ピープとの再会

くらいでしたね。

とはいえ強く印象に残っている点がそれらというだけで、笑わせてくれる場面やドキドキするシーンがたくさんあって楽しめました。

 

逆に物足りなく感じたり、残念に思えた部分としては、

  • レックスやポテトヘッドなどの活躍シーンが少ない
  • バズ・ライトイヤーが変だった(いつも)
  • 2や3のときのような気分の高まるアクションシーンが不足
  • 謎のホラー要素
  • 最後のウッディの決断

が挙げられますね。

レックスやポテトヘッドなどの活躍シーンが少ない

おそらくトイストーリー好きの方たちの中にも、レックスやポテトヘッドといったようなサブキャラが好きな方も多いはず。

というのもこれまでの作品の中で彼らはウッディと協力しあって、様々な危機から脱してきたからです。

なので今回トイストーリー4では、登場場面が少なく感じたのでちょっとだけ残念でした。

 

バズ・ライトイヤーが変だった

いや、いつものことなんですけどね?!

ダンスをしたり、ジェシーに急に惚れたり、スペイン語を喋ってみたりと基本的に変わっているのは事実です。

それらを考慮した上で、今回のバズは変でした。

というのも、ウッディに言われた「心の声」なるものにずっと引きずられており、胸についたボタンを押して発せられた言葉の通りに動くようになったんですね。

また発言や行動も少しアホっぽい?感じがして、トイストーリー2の時のかっこよくて勇敢なバズはどこにいったんだ!!ってなりました。

 

2や3のときのような気分の高まるアクションシーンが不足

2では飛行機に詰め込まれてしまったジェシーを助けるためにウッディがブルズアイに乗って追いかけるシーン。

3ではサニーサイド保育園から脱出するために全員で協力して行動するシーンや、ゴミ処理場から焼却炉のシーンまでの緊迫感のあるシーン。

と、見る人も息を呑むような場面がありました。

ですが今回のトイストーリー4ではそこまで引き込まれるシーンがなかったので残念に思えました。

フォーキーを救いに行くシーンはもちろん気分が高まったのですが、そこまで派手ではなかったのとすぐに終わってしまったので入り込む前に終わってしまいました。

 

謎のホラー要素

とりあえず言えることは、出てくる人形が怖いです。

小さい子供達もたくさん観に来ていたのですが、ちらほら泣く声が聞こえてくるほどでした。

また、突然それらの人形が現れるシーンもあるのでビビリの方は要注意です!

こういったシーンが何回かあるのはどういった意図だったのだろうと考えてしまいましたね。

エンディングでもかわいい人形が人間よりも大きい姿になって凶暴な見た目になり、目からビームを出していたシーンも気になってしまいました。(面白かったけど)

 

最後のウッディの決断

そして何より1番の残念ポイントがこの場面です。

バズやジェシーが迎えに来てくれてボニーの元へもう帰れるというところで、やっぱりボー・ピープとその街に残ることを決断したウッディ。

トイストーリー3でアンディがボニーに託したウッディという人形が、自分の気持ちで帰らないという決断をしました。

個人的にはすごく帰ってほしかったなーと思っています!

バズやジェシー、レックス、ポテトヘッドといった仲間たちと最後まで一緒にいてほしかったですね。

これはトイストーリーシリーズを全部観てきたから思うことなのかもしれないですけど、どんなときだって彼らは一緒にいようとしていたし、お互いのことを大切にしていました。

それなのに突然、みんなとは別れて生活することをあっさりと決断。

(ウッディの中ではかなり考えたことなのかもしれないけど、劇中では結構あっさりしていた印象)

ハッピーエンド的な感じで終わったけど、視聴者の中には私と同じようにバッドエンドに似た感情を抱えた人もいるはず。

スポンサーリンク

トイストーリー4でのウッディの決断は正しかったのか?

ウッディがみんなとの別れを決断したのには様々な理由があってのことでしょう。

  • ボーとずっと一緒にいたいから
  • ボーの言うように、もっと広い世界を見てみたくなったから
  • ボニーに遊ばれなくなっており、いつか捨てられるのではないかという恐怖心があったから

おそらく他にもあるとは思いますが、これらが主な理由になるでしょう。

中でも3つ目の「ボニーに遊ばれなくなっており、いつか捨てられるのではないかという恐怖心があったから」というのは非常に重要な問題だったと思います。

おままごとの際にもウッディだけが前のメンバーの中で遊ばれなくなっており、クローゼットの中でホコリを被っていました。

また、ウッディがみんなと別れを決断したあとも、ボニーにいなくなっていることに気づいてもらえていなかったのも事実です。

それほどボニーの中でのウッディの存在はすでに非常に小さなものだったんですね。

これまでみんなのまとめ役として、アンディの一番の遊び相手だったおもちゃがこのようになってしまえばウッディの決断も頷けるところがあります。

感情を持った1人の人形という風に考えると、ウッディの決断は正しかったと言えるでしょう。

トイストーリー4の全体的な評価

内容としては非常におもしろく、子供から大人まで館内にいた多くの人が終始笑っていたのでおすすめの映画と言えるでしょう!

また映像も美しく、特にボー・ピープのツヤ感や質感が美しく表現されており、さすがのピクサーだなという感じがしました。(お前誰だよ)

ただびっくりしてしまうようなシーンがいくつかあるので、ビビリの方は要注意!

またトイストーリー好きの方やディズニーファンの方は過度の期待を寄せて観に行くのはやめておきましょう。

Twiiterの方でもたくさんのがっかりツイートが流れているので、人によっては高い期待から裏切られた気持ちになってしまうかもしれません。

トイストーリーの続編が出たらしい、観にいってみよう!くらいの気持ちがベストだと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事