【おすすめ】男女で楽しめるカードゲーム!合宿や旅行で盛り上がること間違いなし!

 

みなさん、こんにちは!

ちんあなご先輩(@tomokiamino)です!

 

合宿や旅行に行った時や、誰かの家で遊ぶ際に盛り上がるアイテムがあると心強いですよね!

とは言っても、UNOやトランプは定番すぎて飽きたという方もいることでしょう。

なので今回の記事では、

    • 珍しいカードゲームを楽しみたい人
    • 男女で盛り上がるゲームをしたい人
    • UNOやトランプに飽きてしまった人

には満足のいく内容だと思います。

それでは見ていきましょう!!

 

男女で楽しめるカードゲーム!

犯人は踊る

1つ目に紹介するのは「犯人は踊る」です。

知る人ぞ知る名作カードゲームですね。

踊ると書いていますが、実際にプレイヤーが踊るわけはなく、犯人カードがプレイヤー間でまわっていくことから踊るという表現になっています。

簡単にルール説明
    • プレイ人数は3人〜
    • 一人4枚のカードを持ってスタート
    • 各プレイヤーは手札から1枚選んで表向きで場に出す
    • そのカードに書かれたアクションを行い、次の人の番へ
    • 以下繰り返し

最終的に「探偵カード」を使って「犯人カード」を持っている人を当てた人か、誰にも当てられることなく「犯人カード」を最後まで持っていた人が勝利となります。

いわゆる推理ゲームというやつです。

最大8人まで遊べて、比較的短時間で遊べるので多くの場面で遊ぶことができます。

ルールもかなり簡単で、カードゲームを初めて買うならこれが一番おすすめです!!

お邪魔者

2つ目に紹介するのは「お邪魔者」です。

金鉱掘りチームとお邪魔者チームに別れて、競い合うゲームです。

簡単にルール説明
    • プレイ人数は3人〜
    • 時計回りで手札から1枚のカードを出して3つの選択肢から選ぶ
    • 通路カード、アクションカード、1枚捨ててパス
    • 見事金鉱を掘り当てたら、金鉱堀りの勝利

簡単にルール説明をするのはちょっと難しかったです。(笑)

このゲームの醍醐味は、プレイヤーがお互いに金鉱堀りなのかお邪魔者なのか分からないという点にあります。

なので心理戦が必要とされるゲームですね。

プレイ時間はだいたい30分と言われています。

道のカードには様々な行き止まりカードが含まれるので、いつどのタイミングで邪魔をするのかが勝負の鍵になります。

金塊を掘り当てた時には、大盛り上がり間違いなしでしょう。

New Lost Legacy (ニューロストレガシー)

3つ目に紹介するのは「ニューロストレガシー」です。

ロストレガシーと呼ばれるお宝のようなものを見つけるゲームです。

簡単にルール説明
    • プレイ人数は2〜4人
    • 最初に2枚の手札を各プレイヤーに配る
    • 自分のターンに、山札から1枚引き、1枚場に出す
    • 出したカードの効果を実行して、次のプレイヤーの番になる
    • 以下繰り返し

最終的に探索フェイズに移るのですが、そこでロストレガシーを見つけた人が勝利となります。

このゲームの特徴は、探索フェイズに入る前に脱落してしまう可能性があるということです。

カードの効果によっては、探索フェイズを行うことができなくなり、そのまま負けてしまうので慎重なカード選びが要求されます。

この写真の一番右側にあるのが「ロストレガシー」と呼ばれるカードです。

やや難易度が高いかもしれません。

大富豪大貧民

4つ目に紹介するのは「大富豪大貧民」です。

これこそ、普通のトランプに飽きてしまった人へおすすめしたいカードゲームです。

簡単にルール説明
通常の大富豪と同じです(カード効果は明記されている)
大富豪をやったことがある人なら、誰でもできます。
また、「ローカルルール」という地方によって異なる大富豪のルールがありますが、そういったルールも全てこのカードには書かれています。
なのでローカルルールに悩まされることなく、楽しむことができます。
このカードゲームの一番の特徴は何と言ってもカードデザインです!
厨二心をくすぐるようなかっこいいイラストで、ジョーカーは4枚も入っています。(笑)
昔、遊戯王やデュエルマスターズを楽しんでいた方ならきっと満足することでしょう。

罰ゲームトランプ HARD編

5つ目に紹介するのは「罰ゲームトランプ HARD編」です。

ガキ使を見て育った私にはぴったりの商品でした。(笑)

簡単なルール説明
    • 何らかのゲームをする(カードゲームなど)
    • 敗者は山札から1枚ひく
    • そこに書いてある指示に従う

他のゲームをした際の罰ゲーム要員として使うのが楽しいと思います。

私の場合は「犯人は踊る」と組み合わせて使うことが多いですね。

HARD編と書いていますが、そこまでやばい罰ゲームは入っていません。

私はやったことがありませんが、男女でやるとめちゃめちゃ盛り上がりそうですね。

トランプなので、普段使いにも使用できます。

 テストプレイなんてしてないよ

最後に紹介するのは「テストプレイなんてしてないよ」です。

最初に言っておきます。かなりバカバカしく、想像の遥か上をいくゲームです。

簡単にルール説明
    • プレイ人数は2人〜
    • 全てのプレイヤーに2枚の手札を配り、真ん中に山札を置く
    • 時計回りに、1枚山札から引き、1枚プレイする
    • プレイしたカードに書かれた効果を使用したら、次の人の番になる
    • 以下繰り返し

このゲームの目的は「勝利すること」です。

敗北した場合はゲームから脱落し、あなた以外のプレイヤー全員が敗北した時、あなたの勝利となります。

上の写真を見てもらえればわかると思いますが、ツッコミどころの多い効果が書かれたカードが多く含まれており、かなりぶっ飛んでいます。

今までプレイしたことのないような感覚を味わうことができるので、深夜テンションでプレイすると大盛り上がり間違いなし?!

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

初めてカードゲームをプレイする方であれば、私は「犯人は踊る」と「大富豪大貧民」がルールも分かりやすくて、おすすめです!

いつもの遊びに取り入れることで、新しい楽しみ方に気づくかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは!

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.学生の方はこちらがおすすめ!→Prime Studentが月204円で便利すぎる
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事