飲み会でも盛り上がるカードゲームのおすすめランキング!

 

この記事を読んで分かること
    • カードゲームのおすすめランキング
    • 大学生が実際に友達と遊んだ感想
    • どんな人におすすめなのか解説

読者
飲み会とか4人くらいで盛り上がれるおすすめのカードゲームってない?

ちんあなご先輩
めちゃくちゃある!ガチで面白いと思った順に紹介するぜ!
自分は大学生になってからいろんなカードゲームを集めるのが趣味になり、よく高校時代の親友たちと夜通し盛り上がっています
今後もさらに種類を増やす予定なので、面白いものがあれば順次追加していくつもりです。
今持っているカードゲームは上の写真にある通りで、17種類まで集めることができました。
それではランキング順におすすめのカードゲームを紹介していきたいと思います。
この記事を読んで、遊んでみたいと思うようなカードゲームが見つかれば幸いです。

飲み会でも盛り上がるカードゲームのおすすめランキング

今回紹介するカードゲームを最初にまとめておくと以下の通り。

 

順番に解説していきます。なおカードゲームの写真も載せています。

SKULL(スカル)

圧倒的第1位のおすすめカードゲームは「SKULL」です。

 

人によって違った戦略をとりながら、心理戦を繰り広げることになるゲームです。

 

上の写真にあるように、各プレイヤーには花とスカルの絵柄が描かれたカードが合計4枚あります。

 

簡単に説明すると相手にドクロを引かせて、自分は花だけを引くようにするゲームです。いわゆる、ブラフゲームってやつ。

 

ドクロを引いてしまうと自分のカードをランダムに1枚捨てることになるので、スカルを失った時はもう相手にミスをさせることができなくなってしまいます

 

プレイ時間 15〜45分
プレイ人数 3〜6人
おすすめな人 心理戦が好きな人、盛り上がりたい人
値段 2800円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3pOdzEm
created by Rinker
アズモディー(Asmodee)

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。

このカードゲームは「限られたワードの中で、いかに素敵なプロポーズをするか」が勝利の鍵となります。

 

一時期、あまりの人気具合に品薄状態が続き、ゲームソフトが買えてしまうような値段にまで上がっていたこともあるほどです。

 

ランダムにワードが書かれたカードが配られるので、こんな感じで愛の告白の文章を作成します。

 

親に対して他の人たちがプロポーズをして、親が一番グッときた文章を作った人が1ポイントとなります。

 

プレイ時間 15〜30分
プレイ人数 3〜6人
おすすめな人 男女混合で遊ぶことが多い人、大喜利要素を楽しみたい人
値段 3400~3900円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3vpb2BD
拡張版でさらにワードを増やすともっと盛り上がります

カタカナーシ

最近の個人的お気に入りゲーム。

 

カタカナワードを『カタカナ』を使わずに説明しなければならないルールです。

 

例えば「ルーズリーフ」であれば、「左側に穴がいくつか空いている紙です。学生が板書を取るときに使います。1枚1枚持ち運ぶのに重宝します。」といった具合。

 

ここでメモとか、ノートのようなカタカナワードを使ってしまうと失敗になってしまいます。

 

たまにイベントカードで、『声を出さずに』や『ラップ調で』といったようなルールも増えるので、長く盛り上がることができます。

 

プレイ時間 15分
プレイ人数 3〜8人
おすすめな人 頭を使ったゲームが好きな人、盛り上がりたい人
値段 1136円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3cC0zvV

犯人は踊る

踊ると書いていますが、実際にプレイヤーが踊るわけはなく、犯人カードがプレイヤー間でまわっていくことから踊るという表現になっています。

 

最終的に「探偵カード」を使って「犯人カード」を持っている人を当てた人か、誰にも当てられることなく「犯人カード」を最後まで持っていた人が勝利となります。

 

いわゆる推理ゲームというやつです。

 

最大8人まで遊べて、比較的短時間で遊べるので多くの場面で遊ぶことができます。

 

ルールもかなり簡単で、カードゲームを初めて買うならこれが一番おすすめです!!

 

プレイ時間 10〜20分
プレイ人数 3〜8人
おすすめな人 心理戦が好きな人、手軽に楽しみたい人
値段 1520円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3xke5wq

花嫁が多すぎる

漫画「五等分の花嫁」をテーマにしたカードゲームで、『シンデレラが多すぎる』というゲームを元にして作られています。

 

5人の花嫁はゲームの中で、花嫁度(1位〜5位)が順次変化していきます。

5人の花嫁の中から自分の推しを決めて、その推しの順位を上げることが勝利の鍵となります。

ちんあなご先輩
自分は二乃推しです!
イラストがとても可愛いので、ごとよめファンの方はコレクションとしてもおすすめですよ。

 

プレイ時間 30分
プレイ人数 3〜5人
おすすめな人 心理戦が好きな人、五等分の花嫁が好きな人
値段 2750円(税込)
商品リンク https://amzn.to/35loWdn
五等分の花嫁は知らないけど、ゲーム内容に惹かれた方はこちらがおすすめ。

はぁって言うゲーム

宅飲みでこのカードゲームがあると、一気に盛り上がることが出来ます

上の写真にもあるように、『〜〜のように「〇〇」』というワードがいくつかあります。

 

例えば『偽りの「好き」』であれば、ちょっと嘘っぽく「好き」というワードを言って、それを当ててもらうことができればポイントになります。

 

ちんあなご先輩
特に男女混合でやるとめちゃめちゃ盛り上がります。

 

プレイ時間 15分
プレイ人数 3〜8人
おすすめな人 体や口を使ったゲームが好きな人、盛り上がりたい人
値段 1760円
商品リンク https://amzn.to/3vyMh6h

ごきぶりポーカー

ポーカーはやってみたいけど、ルールが難しそうだから手軽にやってみたいという人におすすめ。

 

通常のポーカーだと同じ数字や色を合わせて役を作る必要があるので、なかなか覚えるまでに時間がかかってしまいます。

 

ですがこのゲームは、虫の名前を言うだけでいいということが飲み会などでもやりやすい理由の1つとなっています。

 

遊び方はシンプルで、『ごきぶりのカード』をあえて「カメムシです」と言って相手に差し出すといったような具合ですね。

 

プレイ時間 20〜30分
プレイ人数 2〜6人
おすすめな人 心理戦が好きな人
値段 1790円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3vjqO0U

TAGIRON(タギロン)

このゲームは4人でもできるんですが、1対1の勝負がすごく盛り上がると思っています。

 

簡単にルールを説明すると、お互いに数字タイルを5つ並べてそれを隠します。その数字タイルの並びをいくつかの質問を通して当てるというゲームです。

 

ちんあなご先輩
コツは相手の数字タイルの合計値を知ることです。

 

プレイ時間 15分
プレイ人数 2〜4人
おすすめな人 頭脳戦が好きな人
値段 1760円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3xnoGXu

XENO(ゼノ)

オリラジの中田敦彦さんが考案のオリジナルカードゲームです。

 

カードのデザインが洗練されており、ルールブックはQRコードから読むことができます。

 

箱のサイズもクレジットカードくらいの大きさなので持ち運びもしやすいです。

 

 

>>実際に中田敦彦さんがプレイしている動画が参考になります。(対戦相手はメンタリストのDaiGoさん

 

プレイ時間 3〜10分
プレイ人数 2〜4人
おすすめな人 心理戦、頭脳戦が好きな人
値段 980円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3zulzyu

お邪魔者

金塊までの道を作っていくチームと、それを邪魔するチームとに分かれて競うゲームです。

このゲームのミソは、誰が邪魔する人なのかがわからないというところ。

 

もっと言うと邪魔者がいないというパターンもあり、お互いに疑心暗鬼になっていく感じがなんとも言えないです。

 

邪魔する方法には、道を壊したり相手が道を出せなくするアイテムを使ったりするといったものがあります。

 

プレイ時間 30分
プレイ人数 3〜10人
おすすめな人 心理戦が好きな人、お手軽に遊びたい人
値段 1500円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3cIkPwa

black stories(ブラックストーリーズ)

いわゆる「ウミガメのスープ問題」がいくつか入っています。(>>ウミガメのスープとは?

 

その中でも少しブラックな要素、つまり人が○んでしまうような内容のものが多く含まれています。

 

場所を選ばずに大人数で遊ぶことが出来るので、車の中で使うのにもおすすめです。

 

プレイ時間 2〜222分(公式)
プレイ人数 2人〜
おすすめな人 場所を選ばずに遊びたい人、頭を使いたい人
値段 1650円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3iJ0sCW

ニャーメンズ

「ニャーメンズ」は壊れた通信機とスノーモービルを修理する必要があるのですが、それを邪魔するのが「アサシン」です。

アップは1から数字を大きくしていき、ダウンは30から数字を小さくしていき、全てのカードを消費することができればクリアとなります。

「アサシン」は他の人にバレないように、出しにくい数字を出すことで修理を邪魔しなければなりません。

 

プレイ時間 20分
プレイ人数 2〜5人
おすすめな人 心理戦が好きな人、邪魔するゲームが好きな人
値段 1980円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3vjZhMM

テストプレイなんてしてないよ

このゲームの目的は「勝利すること」です。

 

敗北した場合はゲームから脱落し、あなた以外のプレイヤー全員が敗北した時、あなたの勝利となります。

 

今までプレイしたことのないような感覚を味わうことができるので、深夜テンションでプレイすると大盛り上がり間違いなし?

 

プレイ時間 1〜5分
プレイ人数 2〜10人
おすすめな人 サクッと遊びたい人、バカゲーが好きな人
値段 1650円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3cEbhlB

おばけキャッチ

ガキ使でも取り上げられていた、ちょっと変わったカードゲームです。

 

ルールは、『カードに書かれていないもの』かつ『色が異なるもの』を5つの中から早く取った人が勝ちというゲームです。

 

例えばカードに灰色のソファと緑色の本が書いてあれば、『灰色』『ソファ』『緑色』『本』に当てはまらない『白色のお化け』を取る必要があります。

 

逆に『白色のおばけ』がカードに書かれていれば、それを取らなければいけません。

 

ちんあなご先輩
意外と難しいので友達とやったらかなり盛り上がります。

 

プレイ時間 20〜30分
プレイ人数 2〜8人
おすすめな人 盛り上がりたい人
値段 約2000円前後
商品リンク https://amzn.to/3vrj9h9

ウボンゴ

小さい頃にこういったパズルをしたことがある人もいるかもしれません。

 

誰が一番早くお題のマスに、ぴったりとパズルをはめることが出来るか競争するゲームです。

 

これもガキ使で紹介されており、完成したら「ウボンゴ!!」と叫ぶことで盛り上がることができます。

 

プレイ時間 15分
プレイ人数 1〜4人
おすすめな人 パズルが好きな人、盛り上がりたい人
値段 1320円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3cHaeSc

ニューロストレガシー

簡単にルール説明
    • プレイ人数は2〜4人
    • 最初に2枚の手札を各プレイヤーに配る
    • 自分のターンに、山札から1枚引き、1枚場に出す
    • 出したカードの効果を実行して、次のプレイヤーの番になる
    • 以下繰り返し

 

最終的に探索フェイズに移るのですが、そこでロストレガシーを見つけた人が勝利となります。

 

このゲームの特徴は、探索フェイズに入る前に脱落してしまう可能性があるということです。

 

ちんあなご先輩
やや難易度が高いので、本格的なカードゲームを楽しみたい人におすすめ。

 

プレイ時間 10分
プレイ人数 2〜4人
おすすめな人 心理戦が好きな人、本格的にプレイしたい人
値段 1540円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3gs2mVu

罰ゲームトランプ

私も実際にやったことがあるのですが、男女でやるとめちゃめちゃ盛り上がりますね。

 

他のゲームをした際の罰ゲーム要員として使うのが楽しいと思います。

 

私の場合は「犯人は踊る」と組み合わせて使うことが多いですね。

 

プレイ時間 5分
プレイ人数 自由
おすすめな人 盛り上がりたい人
値段 760円(税込)
商品リンク https://amzn.to/3gOZrXt

おすすめカードゲームの選び方【迷ったら】

おすすめカードゲームの選び方

読者
いっぱいあってどれが良いのかわからん!

ちんあなご先輩
じゃあこんなふうに選んでみたら?っていうのを提案していくね。
おすすめカードゲームの選び方
    • とにかく値段重視、コスパ重視
    • 4人で遊ぶことが多い場合
    • ルールが分かりやすいものが良い
    • 心理戦を楽しみたい
    • 男女混合で楽しみたい
それぞれに当てはまるおすすめのカードゲームを紹介していきます。

とにかく値段重視、コスパ重視

ちんあなご先輩
個人的にコスパの良かったものはこちら。

4人で遊ぶことが多い場合

ちんあなご先輩
4人で遊ぶことが多いんですが、遊んでて特に楽しいのはこちら。
created by Rinker
アズモディー(Asmodee)

ルールが分かりやすいものが良い

ちんあなご先輩
初めて遊ぶ人にもとっつきやすいカードゲームはこちら。

心理戦を楽しみたい

ちんあなご先輩
駆け引きを楽しみたいという人にはこちら。
created by Rinker
アズモディー(Asmodee)

男女混合で楽しみたい

ちんあなご先輩
男女が一緒に楽しんだり、盛り上がれるものはこちら。

おすすめのカードゲームランキングまとめ

ちんあなご先輩
以上が私の持っているカードゲームのおすすめランキングでした。
実はまだ欲しいと思っているカードゲームがいくつかあるのですが、お金の関係上すぐには買えないので順次追加していきたいと思います。
おすすめのカードゲームをランキング形式で並べましたが、特に上位3つは誰が遊んでも外れないと考えています。
飲み会や遊び、2次会など親友であっても、久しぶりに会う友達とでも盛り上がることができれば最高の思い出になるので、どれか1つ持っておくだけでも役立ちます。
この記事がそのお役に立てれば幸いです。