時間のない大学生が普通のバイト以外でお金を稼ぐ方法!【月収10万】

 

読者
・大学生がバイト以外で稼ぐ方法はあるかな?
・金欠でやばいから空いた時間でサクッと稼ぎたい。
といった読者の疑問に答えます。
この記事では「時間のない大学生が普通のバイト以外でお金を稼ぐ方法!【月収10万】」というテーマでお話ししたいと思います。

 

ちんあなご先輩
大学生の多くはアルバイトをして、遊びや旅行、趣味にお金を使っているはずです。

中には奨学金を早めに返すために土日も1日中働くという人も多いのではないでしょうか?

 

ですが毎日バイトをしていると、勉強にかけられる時間が減ってしまったり、趣味に費やせる時間も多く取れなくなってしまいます。

 

逆に旅行や飲み会などの出費が多く、いますぐにお金が必要な場合も出てきます。

 

>>この記事を読めば
    • アルバイト以外の時間でもお金を稼ぐことができる
    • しっかりと取り組めばバイトをしなくても済むくらいに稼げる
    • 安全に必要なお金を稼ぐことができる

 

私が実際に取り組んできた方法なので、安全にお金を稼ぐことができます。

 

大学生が普通のバイト以外でお金を稼ぐ方法

大学生が普通のバイト以外でお金を稼ぐ方法

治験モニター

ちんあなご先輩
まず最初におすすめの方法が「治験モニター」です。

 

新しい薬を作るためには、薬の候補品を患者さまに使っていただき、どれほど効くのか、どれほど安全なのかを確かめる必要があります。

このように人を対象にした試験を臨床試験といい、特に将来、当局に提出され、製造承認のための申請のデータを集積する臨床試験を治験といいます。

つまり民間人を代表して新薬の実験台になり、その対価として高額のお金をいただけるバイトということですね。

読者
新薬の実験台って怖くない?

ちんあなご先輩
確かに怖いと感じる人が多いかもね。
でも厳格な体制のもとで行われるから、基本的に安全なんだよ。
一種の社会貢献にもなるし、身体検査もしてくれるからお金以外のメリットもあるのが特徴。
デメリットは、治験によっては1ヶ月くらい入院するものがあって暇すぎる点です。
なので1日中じっとしているのが苦痛に感じる人には向いていないかもしれません。
給料の相場は日給で1〜2万円となっています。
こんな人におすすめ
    • 社会貢献をしたい人
    • じっとしていたり、暇を楽しめる人
    • 肉体労働が苦手な人

 

ニューイング:15年の実績で初めての方にも親切に対応!国内屈指の超有名サイト。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、パソコンで仕事を受けてアンケートに答えたり、音声を文字起こししたり、記事を書いたりすることで報酬がもらえる仕組みのことです。

 

好きな時間に好きなだけ仕事を受けることができる上に、登録も無料なので大学生にはおすすめできるかと。

 

パソコンだけで仕事ができるのが大きな魅力で、スキルを身につけていきたい人はやってみるのもありですね。

 

こんな人におすすめ
    • 場所を選ばずに仕事をしたい
    • パソコンを使ってお金を稼ぎたい
    • スキルを身につけたい

 

大学生YouTuber

ちんあなご先輩
現在、ものすごい勢いで伸びているのがYouTubeによる動画市場です。

 

YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる人気クリエイターがメディアにも登場するようになり、この先さらにそういった人たちが増えていくことでしょう。

 

YouTubeに動画を投稿して、再生数を伸ばすことができれば広告収入を得ることができるようになります。

 

始めたばかりの頃はなかなか収益を出すのは困難だと思いますが、1度投稿した動画はYouTube上に残り続けるので放っておいても再生されるのがポイント

 

投稿動画を増やしていくことで見てもらえる確率が高くなるので、継続すれば結果に出やすい方法だと言えるでしょう。

 

こんな人におすすめ
    • 誰かを楽しませたい人
    • 動画制作に興味がある人
    • 自分の資産を築きたい人

ゲーム実況をする

ちんあなご先輩
こちらもYouTubeの動画投稿を使った方法です。

 

上と違うのは顔出しをして実験をしたり、企画をして観る人を楽しませるのではなく、スマホのアプリやゲームを実況することで再生数を稼ぎます。

 

話題のゲームや流行りのゲームを実況することで観てもらうのも良し、実況の仕方や喋り方に個性を出して人気を得るのもおすすめです!

 

普段からゲームをすることが多い人はぜひ動画投稿して稼ぎましょう。

 

こんな人におすすめ
    • ゲームをするのが好きな人
    • ゲームが上手い人
    • 喋りが上手い人

ブログで稼ぐ

ちんあなご先輩
私が今実際にやっている方法ですね。

 

具体的にどうやって稼ぐのかというと、Googleアドセンスと呼ばれる広告をブログに貼ったり、商品紹介をするアフィリエイトという方法で収益を発生させます。

 

私もついこの前までは家庭教師をする普通の大学生だったのですが、ブログを始めて2ヶ月で5万円ほどを稼ぐことができました。(2020年1月時点で月11万達成)

 

ブログの良いところは、書いた記事がネット上に資産として残り続けるので、あなたが眠っている間にもお金を稼いでくれるという点です。

 

自分の経験や持っているものを記事にすることから始めることができるので、初心者の方にも非常におすすめできます!

 

▼ブログを始めたいという方はこちらの記事を参考にしましょう。

関連記事【大学生】ブログの始め方と最初にやっておくと便利なことを解説!

関連記事大学生がブログで稼ぐ方法をわかりやすく解説【月5万達成】

 

こんな人におすすめ
    • 他の人にはないような経験をしたことがある人
    • 趣味があって他の人よりも詳しいものがある人
    • 資産を築き、不労所得を目指したい人

Time Ticketを使って時間を売る

タイムチケット

最近流行っているサービス「Time Ticket」を使った方法です。

 

知らない方のために解説すると、自分の時間をお金で売ってその人の代わりに何かしてあげるというもの。

 

例えば上の画像でいうと、これだけのお金であなたの写真を撮ってあげますよという提案をしています。

 

具体的にどんなことをするの?
    • 代わりにサイトを立ち上げたり
    • 彼女の作り方を教えてあげたり
    • 副業の稼ぎ方を教えてあげたり

 

それ以外にも色々な提案ができるので、あなたにできそうなことを売ってみましょう!

 

こんな人におすすめ
    • 貴重な情報やスキルを持っている人
    • 何かを教えるのが好きな人
    • 時間がたくさん余っている人

 

 

メルカリやヤフオクでものを売る

ちんあなご先輩
家にある、いらないものをオークションで売るという方法ですね。

 

メルカリが登場してから誰でも取引がしやすくなったので、すぐにお金を作りやすいです。

 

私も10点以上の商品を販売して1万円は稼げたのですが具体的には、

 

  • 受験で使った参考書や問題集
  • 小説やビジネス書などの本
  • 着なくなった服

 

がすぐに売れました。

 

なので家でも使わないものがあれば、自分で値段を設定して売ってしまいましょう!

 

こんな人におすすめ
    • 家にいらないものが多数ある人
    • 断捨離したい人

給料がもらえるインターンシップに参加する

ちんあなご先輩
3年生を超えるとほとんどの学生がインターンシップに参加します。

 

インターンシップとは学生が就業前に企業などで「就業体験」をすることです。

 

そしてこのインターンシップにも2種類あって、有給のものと無給のものがあります。

 

有給であれば就業体験をしながらお金をもらうことができるのです。

 

なのでせっかく時間を費やしてインターンシップに参加するのであれば、有給のものを選択して稼いじゃいましょう!

 

(※希望の企業が有給のインターンシップを募集しているとは限らないので注意)

 

有料noteを販売する

note

noteは、誰でも自由に文章等を販売できるプラットホームです。

 

自分の思いを文章にしたり、Twitterのフォロワー数を増やす方法を書いたり、話題の本を読んでみた感想などなんでも良いです。

 

大体100~1000円くらいで販売することができ、仮に1部あたり300円のnoteが10部売れたら3000円になります。

 

私自身も実際にブログ運営に関する有料noteを販売しているので、どんなことを書いているのかのぞいてみてください!

 

ココナラ

ちんあなご先輩
ココナラは、インターネット上で自分のお店を持ち、スキルを販売することができます。

 

似顔絵、イラスト、相談、プログラミング、ビジネススキル、自分の時間の販売等、自分のスキルを売ることが出来るのです。

 

最初は自分の評価がなく、注目されにくいのでなかなか売り上げが伸びません。

 

なので値段を低く設定して、とにかくレビューを増やすことが最善の方法だと言えるでしょう。

 

ブログをしている方であれば、広告枠を販売することもできます。

 

アンケートに回答して報酬を得る

アンケートモニター登録

 

隙間時間でアンケートに答えるだけでお金に変換できるポイントを入手できます。

 

アンケート自体は1つあたり2、3分で終わるものが多いので、面倒くさがりな私でもお金を稼ぐことができました。

 

私はマクロミルというサイトを使っているのですが、いくつもアンケートに回答していると食品モニターやテレビモニターにも選ばれることがあります。

 

これにより毎月一定のポイントが加算されるようになるので、私はすでに1万円の現金と交換することができました。

 

まずは登録からしておきましょう↓ 

アンケートモニター登録

自己アフィリエイト

ちんあなご先輩
「なんだそれ!?」という人もいるでしょう。

 

まずアフィリエイトというのが、何か商品などをブログなどで紹介して、その紹介料としてもらえる報酬のことですね。

 

そして、自己アフィリエイトというのは自分で商品やサービスを利用して、それに対する報酬をもらうという方法のことですね。

 

これをするだけで簡単に1万円以上のお金が稼げてしまいます。

 

例えば、上の画像をみてください。

 

クレジットカードを発行することでポイントを得ることができるのですが、この画像に掲載されているものを全て登録するだけで60800円もの大金を稼ぐことができてしまいます。

 

しかも、これ以外にもまだまだたくさんの案件がハピタスにはあるので、自分の頑張り次第ではほぼ無限に稼げてしまうのです。

 

クレジットカードの発行ができるようになった大学生の今だからこそ、ベッドに横になりながらお金を稼いでみませんか?

 

おすすめのサイト
    • ハピタス:上記で紹介したアフィリサイト。
    • A8.net:登録無料で、大手のアフィリサイト。
    • afb:登録無料で、報酬額がキャンペーンで高くなることが多い。

 

10万円までは誰でも稼ぐことができますので、ぜひやってみてください。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

大学生はバイト以外でお金を稼ぐべき?

結論からいうと、バイト以外で稼ぐ力を身につけておくことは重要だと考えています。
例えばブログやクラウドソーシングでお金を稼ぐ方法を知っていれば、大学卒業後でも副業として稼ぐことができます。
特にブログで稼ぐことができれば、記事は永遠に残り続けるので、半永久的に稼いでくれる自分の分身となってくれます。
もちろんバイトが無駄とは言いませんが、そういったバイト以外での稼ぐ力を身につけておくことは自身のためになるでしょう。

 

 

>>ブログの項目に戻る

おすすめの記事