フライングダイナソー

 

ちんあなご先輩
フライングダイナソーて怖いのかな?浮遊感はどれくらいあるのかな?とお悩みの方におすすめの記事です。
みなさんこんにちは、ちんあなご先輩です。
今回は『フライングダイナソーは怖い?浮遊感は最初だけ!絶叫系が苦手な私の感想!』というテーマでお話ししたいと思います。

 

 

2016年3月にUSJでオープンした「ザ・フライング・ダイナソー」。

暴走する恐竜プテラノドンに背中を掴まれて、ジュラシックパークの世界を360°飛び回ることができる絶叫系ライドです。

関西に住んでいる私ですが、一生縁のないアトラクションだと思っていました。

そんなフライングダイナソーにとうとう乗ってしまったのです!

その経緯と乗ってみた感想、浮遊感は感じるのか、怖いのかなどといったことについて触れていきたいと思います。

 

前提として私の紹介をしておくと別の記事でも書いているのですが、絶叫系ライドが苦手です。

 

絶叫ライドが苦手な理由は”落ちる時の浮遊感”が得意ではないからですね。

とはいってもどんな絶叫系ライドも乗れないというわけではなく、1回だけの浮遊感であればなんとか我慢ができるレベルです。

 

例えば同じエリアにある「ジュラシックパーク・ザ・ライド」は乗り気ではないものの我慢することができます。

「スペースファンタジー・ザ・ライド」はほとんど浮遊感を感じないので全然大丈夫です。

ただ「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」は前向きも後ろ向きもホントに無理です。

なのでディズニーのアトラクションと合わせてまとめてみると、

アトラクション名 乗れるかどうか
ジュラシックパーク
スペースファンタジー
ハリドリ ×
3大マウンテン(スペースマウンテンなど)
センターオブジアース
タワー・オブ・テラー ×

 

といった感じになります。

後輩
結構乗れる絶叫系アトラクション多いんですね。

ちんあなご先輩
△って書いてあるやつは全然乗り気じゃないけどね。断ることも全然あるよ。
なのでこの記事は、
    • 私と同じレベルで絶叫が苦手な人
    • フライングダイナソーが怖いのか気になる人
    • 浮遊感はどれくらいなのか知りたい人
に役に立つおすすめの記事です。
待ち時間に暇つぶしできるアプリの紹介記事はこちら↓
スポンサーリンク

フライングダイナソーに乗ることになった経緯

フライングダイナソー

結論から言うと、”罰ゲーム”です。

ホントよくないですよね、罰ゲームで絶叫系ライドに乗せるのは。

後輩
そんなに嫌なら、全力で断ればよかったじゃん。

ちんあなご先輩
ジュラシックパークに乗った後で、ちょっといける気がしてしまったんだよね。
それと一緒に行った友達の年パスがその日で切れてしまうので、ホントに仕方なくその罰ゲームを受けることにしました。
自分以外にもう一人絶叫系ライドが苦手な人がいたので、それも頑張れた理由の1つですね。
その時のフライングダイナソーの待ち時間は40分だったので、震えて待つことになりました。
待ち時間にGoogleで「フライングダイナソー 怖い」とか「フライングダイナソー 浮遊感」って調べました。(笑)
スポンサーリンク

フライングダイナソーに乗った感想、浮遊感は最初だけ

フライングダイナソーの感想

フライングダイナソーに乗った感想ですが、簡単に一言でいうと「意外と楽しめたかも.....?」です。

というのも私は絶叫系ライドの浮遊感だけが苦手なので、それ以外の要素である”スピード”とか”重力感(通称G)”といったものはあまり怖く感じません。

なのでフライングダイナソーに関してはファーストドロップで大きな浮遊感を感じただけで、そのあとは全然大丈夫でした。

途中から余裕すぎてバズ・ライトイヤーのモノマネまでしてやりました。

確かにフライングダイナソーの待ち列でいろんなサイトの感想を読んでみたら、「絶叫系が苦手な人でもこれは大丈夫」だと書いてありました。

嘘ばっかり書くなよ!!と思っていましたが、実際乗ってみると本当でしたね。

一応書いておくと、怖かったポイントは以下の通りです。

  • 乗車前の時間
  • 乗車した後にライドが傾いた時
  • ライドが登って行く時
  • ファーストドロップ

以上です。

なのでファーストドロップまで耐えることができたら、あとはプテラノドンに身を任して楽しむだけです。

 

また参考程度ですが、ファーストドロップの浮遊感はジュラシックパーク・ザ・ライドと同じくらいでした。(体感)

なのでジュラシックパーク・ザ・ライドに乗れる方で、浮遊感以外の要素が大丈夫という方にはおすすめできます。

スポンサーリンク

フライングダイナソーは怖いのか?

ちんあなご先輩
じゃあ浮遊感についてはだいたいわかったけど、全体としては怖いのか解説していきます。

先ほどすでに書いたのですが、怖かったポイントは以下の通りです。

  • 乗車前の時間
  • 乗車した後にライドが傾いた時
  • ライドが登って行く時
  • ファーストドロップ

以上です。

あくまで個人的な感想になりますが、絶叫系ライドが苦手な私の怖いと思ったポイントはこれくらいでした。

後輩
じゃあそれ以外はまったく怖くなかったんですか?

ちんあなご先輩
全く怖くなかった訳ではないけど、ハリドリみたいに絶対無理って訳じゃなかったかな。

後輩
というのは?

ちんあなご先輩
とにかくG(重力)がすごいから、それが苦手な人はずっと怖いんじゃないかな?って思う。

後輩
つまりハリドリみたいに、浮遊感が怖い絶叫系ライドとは種類の違う怖さがあるってことですね。

ちんあなご先輩
ネットで調べると怖い、怖くないって両方書いてあるから、どっちを信じれば良いのかわからなくなるけど、結論から言うと何が怖いかによるってことだよね。

後輩
わかりました。今度チャレンジしてみます。

まとめ | フライングダイナソーに乗った感想

まとめると、フライングダイナソーは見かけほど浮遊感を感じるライドではありません。

ファーストドロップの浮遊感だけ我慢できれば、ハリドリに乗れない方でも十分楽しめるアトラクションだと思っています。

乗った後に思ったことは「もう一回乗りたい!」でしたから。(笑)

フライングダイナソーが向いていない方は以下の通りです。

  • 極度の高所恐怖症
  • 重力感や速いスピードが苦手
  • 1回だけの浮遊感も耐えられない

といった方達ですね。

逆にこれ以外の方であれば体験してみる価値は十分あると言えるでしょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事