【節約編】一人暮らしの大学生が気をつける必要があること!節約術まとめ!

こんにちは!

一人暮らしをしている大学生の一番の敵は、「お金がない」ことだと思います。

そのためにバイトのシフトをたくさん入れて、生活するためのお金と友達と遊ぶための娯楽費を一生懸命稼いでいることでしょう。

そんな学生の負荷が少しでも小さくなることを願い、今回一人暮らしにおける節約術をまとめてみました。

 

私も大学1年の夏から一人暮らしを始めて、たくさんの節約術を試してきました。

中には節約できるけど辛いものや、あんまり効果がないものがありました。

その中から厳選して私がやってよかった、今でもやっている方法をご紹介します!!

 

節約して貯まったお金で友達と旅行に行ったり、欲しかったゲームを書いましょう!!(笑)

スポンサーリンク

やってはいけない節約術

まずはやってはいけない節約方法を紹介します。

結果的に節約にならなければ意味がないので、先に確認しておきましょう!

 

食費を削る

これが一番やってしまいがちな方法です。

確かに食費を削ればお金は貯まるかもしれませんが、食費を削ったことで栄養が十分に摂取できなくなり、風邪を引いたり体調を崩す原因になります。

こうなると、医療費や薬代などで余分なお金を使ってしまい結果的に節約になりません

なので、食費を1ヶ月○万円と決めているなら、そこは大きく変えないようにしましょう。

【健康編】一人暮らしの大学生が気をつける必要があること!注意点!

 

値引き商品を買う

え?値引きされてるんだから安くて節約になるじゃん!と思った人は危険です。

値引き商品の怖いところはいらないものまで買ってしまう可能性があるということです。

店側としては、売れ残ってしまったからなんとかして売りきりたいと考えています。

そういった商品は安い値段で売られることになるので、お得だと思いついつい買ってしまいがちです。

ですが安くなっていなければ、買うことのなかった商品かもしれません。

「安いから買おう!」となる前にもう一度本当に必要かどうか考えましょう。

 

安すぎるものを買う

これも先ほどの内容に近いのですが、わかりやすく服で説明しましょう。

ダッフルコートが欲しくて店を探していると、かなり安い値段で売っている服があります。

これはお得だと思い、デザインなどをよく見ないまま買ってしまい、あとで後悔してしまうといった感じです。

安物買いの銭失い」と言いますが、長く使うものは素材が良いものや好きなデザインのものを買う方が長期的な目で見たときに、結果的に節約になります。

飲み会や友達の誘いを断る

一回3000円の飲み会なら3000円の節約になります。

確かに大きな節約になりそうですが、その分人と関わったり自分にとって有益な話を聞ける機会を損失してう可能性があります。

また、友達の誘いを全部断っていると付き合いが悪いと思われたり、友達と思われていないのかなという印象を相手に与えてしまいます

これによりあなたの周りから人が離れてしまう可能性があります。

確かに、全部の飲み会や友達の誘いを受けていたらお金が持ちません。

なので、断る場合は自分がその場にいく意味があるのか、よく考えてから断るようにしましょう。

友達の誘いを断ってしまった場合は、謝罪しつつ別の日に遊ぶ予定を提案してあげると良いでしょう!

スポンサーリンク

具体的な節約術

自動販売機で買わない

ちょっと喉が渇いた時、ちょっと甘いものが飲みたくなった時。

ちょっとの積み重ねが1ヶ月でかなり大きい額になってしまいます。

継続は力なりと言いますが、自動販売機で毎日買うととんでもなく大きい額になります。

例えば130円のドリンクを30日間買うと、3900円にもなります

飲み会に一回いけてしまいますね...。

 

なので外で飲み物を買ってしまう癖のある人は家でお茶を作るか、浄水を冷蔵庫で冷やして水筒に入れて持っていくようにしましょう。あるいはペットボトルでもいいですね。

これにお茶のパックを入れて水を入れれば、一度にたくさんのお茶を作れるし保存できます!!

こういったティーバッグならなんでも大丈夫です!!

ステンレスの水筒なら、夏のような暑い日にも冷たいままのお茶を飲むことができます。

逆に冬は暖かいお茶を入れていくことができるのがペットボトルとの違いですね!

 

外食はできるだけ避ける

当たり前のことですが、外食をしてしまうとその1食で1日分の食費がかかってしまいます。

確かに楽だし、美味しいから外食をしてしまう気持ちはわかります。

私もずっとラーメン食べていたいです。。。(笑)

ですが、一度外食をする習慣をつけてしまうと、舌が肥えてしまい再び外食を求めるようになってしまいます。

なのでできるだけ外食は避けましょう。

 

夜更かしをしない

スマホをさわっていてついつい夜更かししてしまったという人は多いと思います。

私も好きなゲームにハマると時間を忘れてしまいます。

ですが、夜更かしをしていてtwitteや2chなどを漁っていると美味しそうなご飯の画像が流れてくることがあります。

いわゆる飯テロというやつですね。

夕食を19時ごろに食べていると、24時を回ってきた頃からお腹がすいてきます。

空腹を満たそうと、コンビニに行って軽食を買おうものならさらに食費がかかってしまいます。

なので、夜は早く寝て朝早く起きて朝ごはんを食べるようにしましょう!

すぐ眠れないという人は目を温めて、リラックスさせましょう。

缶詰を買っておく

これは先日テレビを見ていいなと思った方法なのですが、サバ缶やさんま缶を買っておき、それをおかずにご飯を食べるという方法です。

サバ缶は100円ほどで販売されており、しかも青魚なので体にめちゃめちゃいいんです!!

白米とサバ缶とインスタント味噌汁だけでも十分な1食になります。

外食が増えてきた人は試してみてはいかがでしょうか??

窓を開ける

夏などは暑くてすぐに冷房をつけたくなると思います。

蒸し暑くて寝付けないとしんどいですもんね。

でも、窓を開けると案外涼しい風が入ってきます。

最初に冷房をつける前に、まずは窓を開けて耐えられるか試してみましょう。

スポンサーリンク

最後に

節約術をここまでまとめてきましたが、節約は無理をすると生活するのが困難になることがあります。

なので、無理はせず「これなら自分にもできそう!」というものから始めていきましょう。

節約を始める前に、貯まったお金で何を買うかを紙に書いて、いつでも目に見える場所に貼っておくのも効果的です!

そして、節約して貯めたお金で自分へのご褒美を買ってあげましょう!!

それでは!

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事