【伝説対決】ジャングルの立ち回り方を初心者〜中級者向けに解説

 

この記事は伝説対決の攻略記事です。

ジャングルの立ち回り方について、初心者〜中級者向けに解説していきます。

ジャングルは自分のレーンというものが存在せず、自陣のモンスターを狩ることで成長する役割です。

なので、慣れていないプレイヤーはうまく動くことができず、チームに貢献できないままゲームが終わってしまうということもあります。

まずはレーンでゲームの流れや各ヒーローの動き方を覚えてから、ジャングルを始めることをおすすめします!

想定読者
    • 伝説対決を始めたての方
    • ジャングルの立ち回り方に慣れていない方
それでは、早速みていきましょう!!
スポンサーリンク

ジャングルの基本的な立ち回り方 | 伝説対決

ジャングルの基本的な立ち回り方 | 伝説対決

ジャングルはアサシンがつくことが多く、奇襲に長けたヒーローが向いています。

マークスマンがジャングルをする場合もあります。

タレントはパニッシュを選ぼう

タレントはパニッシュを選ぼう

ジャングルをする場合には、必ずタレントを「パニッシュ」を選択しましょう。

パニッシュを使用することでジャングルのモンスターを狩る際に、固定ダメージを与えてくれるので素早く狩ることが可能になります。

またこの後で解説するジャングル装備「ククリ」を購入する条件として、パニッシュを選択しておくことが必要になるので絶対に忘れないようにしましょう。

初心者の方でパニッシュを持たずにジャングルをする方が結構多いので。

最初にククリを購入しよう

ククリというのはジャングルをする上で欠かせない装備のことで、モンスターをに与えるダメージが上がり、獲得経験値も増えます。

なので早く成長するためにも必ず最初に購入しておきましょう。

注意点として、タレントのパニッシュを持っていないと購入できないことを覚えておいてください。

レベル4になったら奇襲を仕掛けよう

ちんあなご先輩
レベル4になると3つ目のスキル(アルティメット)が使えるようになります。
ジャングラーがチームの中で最初にレベル4になれるので、アルティメットを覚えたタイミングでどこかのレーンに奇襲を仕掛けましょう
相手のヒーローはまだレベル3でアルティメットを覚えていないので、かなり強く出ることが可能です。
とはいえ無理な奇襲は逆に倒されてしまい、相手ヒーローの成長につながってしまうので味方とタイミングを合わせましょう。
草むらに隠れておくことで奇襲しやすくなります。
ちょうどその頃にドラゴンクレイダスが出てくるので、ドラゴンレーンでキルを取れると比較的安全にドラゴンを狩ることはできます。
ジャングルモンスターを狩り終えた後のポイント
    • 近くのレーンに奇襲を仕掛ける
    • 押されているレーンへ援護に行く
    • ドラゴンが出るタイミングに合わせてドラゴンレーンに寄る
    • 可能ならば相手がレベル4になる前にアルティメットを使用する

ドラゴンを狩り始める目安としては、相手のマークスマンかジャングルが倒れている時がいいでしょう。

あるいは相手のジャングルがスレイヤーレーンにいることがマップで確認できた時。

味方に集合をかけて素早く狩ることを心がけましょう。

 

やや上級者向け↓

逆に自分がスレイヤーレーン側にいて、相手チームにドラゴンを触られた時にはスピリットセンチネルか相手のジャングルを狩るのもおすすめです。

スピリットセンチネルは銀色の小さめのドラゴンのことです。

ただ相手のジャングルに侵入する場合には味方の援護がないと、簡単に囲まれてキルを取られてしまいます。

出来るだけマップに映らない

ジャングラーは相手に位置を知られずに、奇襲を仕掛けることが重要になってきます。

そのためレーンに流れてくるミニオンはあまり処理したくないです。(相手のミニオンやタワー、モンスターの近くにいるとマップに写ってしまうため)

それにレーンにいる味方の経験値を奪ってしまうことになるので。

どうしてもミニオン処理しないといけない場合は仕方ありませんが、出来るだけ草むらに隠れながら移動するようにしましょう。

そして相手ヒーローがミニオンを処理するために前に出てきたタイミングで奇襲を仕掛けるとうまく行きやすいです。

スポンサーリンク

ジャングルが試合の中で意識しておきたいこと

ここまではジャングルの基本的な立ち回り方を解説してきました。

いずれもジャングルをするなら最低限覚えておいて欲しいことでしたが、ここからは試合に勝つために意識しておきたいことを解説します。

マークスマンかメイジを狙う

ジャングルは奇襲能力が強いとはいえ、タンク相手にはそこまで強くありません。

防御とHPが高くて倒しきれないために、逆に倒されてしまう可能性があるためです。

なので、防御が弱いマークスマンやメイジを積極的に狙っていくようにしましょう。

正直これを意識しておくだけで試合に勝つのがだいぶ容易になります。

というのも相手の火力担当を倒すことで相手は集団戦に勝てなくなるので、そのまま押し切れるようになるからです。

孤立しているマークスマンやメイジがいればチャンスですよ!

味方と連携してキルを取りに行く

ジャングルはキルを取りに行きやすい役割なので、「攻撃」「集合」といった合図を使いながら仲間と連携して仕掛けましょう。

そうすることでキルしやすくなり、仲間にアシストによるゴールドを与えることができます。

ゴールドがもらえると装備を早く揃えられるのでレーンでの勝負も有利になります。

なのでマップを見たり、仲間の位置を確認した上で積極的に仕掛けていきましょう。

合図なく攻撃を仕掛けてしまうと味方がついてこれずに、自分だけ死んでしまう結果になりやすいので注意。

青バフがいらないヒーローなら味方に譲る

ちんあなご先輩
バタフライや龍馬がそれに当てはまりますね。
青バフはマナを回復できる貴重なモンスターですが、マナを消費せずにスキルを使えるジャングラーにはあまり効果がありません。
なので味方のメイジに青バフを譲ってあげるのも1つの手です。
味方のメイジが青バフを取る気配がなければ、経験値がもったいないので仕方なく自分で狩りましょう。
赤バフを味方のマークスマンに譲る場合もあります。(信頼できる、強いマークスマンの場合)
スポンサーリンク

ジャングルの立ち回り方は難しめだけど試合を動かせる

私もジャングルに慣れるまで、結構時間がかかったのをよく覚えています。

奇襲を仕掛けるタイミングだったり、ずっとジャングルのモンスターを狩っていて味方に煽られたりもしました。(笑)

ですが一度立ち回り方を覚えれば、試合を自分の力で動かすことも可能になります

相手のマークスマンを倒しまくっていれば自動的にレーンを押せるので。

なのでランクが上がらないだとか、勝率が高くならないと悩んでいる人はジャングルを練習することをおすすめします!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

伝説対決が上手い人のプレイを見るならMirrativがおすすめ!

もちろん自分で配信することもできます。

インストールはこちらから→https://c1.cir.io/RvHinc 

 

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事