明日面接なのに何もしてないという状態から逆転した話
この記事を読んで分かること
    • 明日面接なのに何もしてない状態から逆転した話
    • 明日の面接のために準備すべきこと
    • 準備を何もしてないなら行かなくても良い?

読者
明日は就活(orバイト)の面接なのに、何もしてないわ。終わった。
という方の悩みを解決します。
「もうすぐ面接だなー、準備しなきゃなー」と考えながらずるずると先延ばしにしてしまい、気づけば明日になっているという経験ありますよね。
まだ時間があると思って余裕ぶっていると、後で痛い目に合ってしまうのが人間の性です。
自分もバイトの面接や就活での面接で、前日まで話すことの準備をせずに後悔した経験があります。
今回は就活の面接が明日なのに何もしてない状態から逆転した話についてお話しします。
同じようにやばいと感じている人の参考になれば幸いです。
参考までに…ちんあなご先輩について
    • 2022年卒
    • 国立大学の理系

 

それなのに全く準備をせずに、Netflixでブレイキングバッドを見ていたのを鮮明に覚えています。

 

そしてとうとう面接が明日というところになり、とてつもない焦燥感に苛まれました。

 

さすがに何も準備をせずにいけば失礼だし、恥ずかしい思いをしてしまうと思い、

 

次の項目で詳しく書くのですが、何もしてない状態から最後の足掻きで、面接の準備を進めました。

 

その結果、面接では多少詰まりながらも質問に納得のいく回答をすることができ、無事に内々定を獲得することができました。

 

結局その企業には行かないという決断をしたのですが、この時の経験のおかげで面接に慣れることができたと思います。

明日の面接のために何もしてない人が準備すべきこと

明日の面接のために何もしてない人が準備すべきこと

明日面接なのに何もしてないという人が、最低限準備しておくべきことをまとめました。

 

自分はこの方法で無事に面接を乗り切ることができたので、再現性は高いかと思います。

 

まとめると以下の通り。

 

明日の面接のために準備すべきこと
    • 就活の軸を再確認
    • 企業ページの欲しい人材を確認
    • よく聞かれる質問の対策
    • ノートに話す内容を箇条書き
本来は動画を撮りながら練習をしたいところですが、面接は明日なので省略します。
あまり時間がないので、できるだけ短時間で済むような対策だけしておきます。

就活の軸を再確認

面接対策で一番重要なポイントです。

 

ここがブレブレだと「この学生はそこまで弊社に入りたいと思ってないな」と判断されて、普通に落とされてしまいます。

 

ですが面接官はあらゆる質問を通して、就活の軸がぶれないか確認してきます。

 

自分は軸をガチガチに固めていたので、面接後に「軸がしっかりしていてすごく良かった」と言ってもらえました。

 

少し時間はかかりますが、自己分析から見直したいという人は適性検査で再チェックしておきましょう。

 

合わせて読みたいキミスカは自己分析だけでもやる価値あり!やってみた結果を晒す

企業ページの欲しい人材を確認

面接でいい評価をしてもらうためには、企業の欲しい人材であることをアピールする必要があります。

 

(参照:https://jobs.apple.com/ja-jp/details/114438107/jp-specialist-full-time-or-part-time-permanent-or-temporary?team=APPST)

 

例えば上の画像はApple社の募集要項なのですが、「必要なスキルと能力」が書かれていました。

 

学生時代の経験と照らし合わせながら、書かれている能力や考え方を持っているということを面接で話します。

 

面接は自分という商品を企業に売る場ということをよく覚えておきましょう。

よく聞かれる質問の対策

面接では、ある程度される質問というものが決まっています。

 

それらに絞って回答を考えておくことで、面接の体はある程度整えることができます。

 

    • 業界の志望動機
    • その上で弊社を志望した理由
    • 就活の軸について
    • 学生時代に力を入れたこと
    • 失敗、挫折した経験
この辺りは絶対に抑えておきたい部分で、他の面接でも頻繁に聞かれるので、回答を用意しておいて損はありません。
またONE CAREERみん就でその企業を検索すれば、どんな質問をされたのか書かれていることがあるので要チェックです。

 

 

例えばみん就で三菱電機を検索すると、上のような情報が出てきます。

 

就活生の生の声が書かれているので、自分は絶対に読むようにしていました。

 

ノートに話す内容を箇条書き

ラストはアウトプットの部分です。

 

ここまではアピールする内容を考えたり、情報を集めることが中心だったので、具体的にどのようなことを話すのかを考える必要があります。

 

簡単にで良いので、箇条書きでノートに話す内容をまとめておけば、当日に見直すことができるのでおすすめ。

 

ノートに書く例
    • 就活の軸は〇〇で、これは絶対にぶれないようにする
    • 学生時代に頑張ったことは〇〇で、△△で苦労した
    • この業界を選んだ理由は〇〇で、その中でも御社を選んだ理由は△△

準備を何もしてないなら行かなくても良い?

準備を何もしてないなら行かなくても良い?

明日面接なのに対策を何もしてない場合、もういっそのこと行きたくないと考えるかもしれません。

 

読者
どうせ行ってもうまく答えられないし、無駄じゃない?
というのが普通の心理だと思います。
自分もそんな風に考えてしまい、面接をサボってブレイキングバッドの続きを見ていようかと考えた瞬間がありました。
ですが結論を言うと、予約した面接には絶対に行くべきです。
その理由は大きく分けて2点あります。
    • 前日になってキャンセルするのは失礼
    • 少しでも対策していけば面接の練習になる

 

それぞれについて解説します。

前日になってキャンセルするのは失礼

企業の面接というのは人事の方が業務の中で行うものであり、1日の中で実施できる時間にも限りがああります。

 

つまり他の学生が面接できたかもしれない枠を自分が取っているので、前日になってキャンセルしてしまうとその時間が無駄になってしまいます。

 

「そんなこと知るか」と思うかもしれませんが、個人的にはしないほうがいいと思います。

少しでも対策していけば面接の練習になる

面接が明日なのに対策をしていないということは、そこまで志望度の高くない企業なのだと思います。

 

そんな企業だからこそ、第一志望の企業のために面接の練習として活用しましょう。

 

前日に行なった対策でどれくらい話すことができるのか、どんなことが聞かれるのか、ビジネスマナーの確認など多くの練習ができます。

 

 

それでも本当に行きたくないという場合はお任せします。

 

次に受ける企業に向けて、今日から対策を始めることにしましょう。

 

明日面接なのに何もしてない人へ【まとめ】

以上が、本記事の内容となります。

 

明日が面接という人で諦めたくないという人は「明日の面接のために何もしてない人が準備すべきこと」で書いた内容を振り返っておくと良いでしょう。

 

自分も前日から対策を始めて内々定を獲得できたので、諦めなければいい結果が返ってくるかもしれません。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

>>【最新版】就活サイトのおすすめランキング【無い内定の方向け】