【タイムマネジメント】上手な24時間の使い方を知って、作業効率を上げる!

 

みなさん、こんにちは。

ちんあなご先輩(@tomokiamino)です。

 

 

あなたは1日は24時間ということについてどう思いますか?

十分だと思いますか?それとも足りない、もっと時間が欲しい!と思いますか?

今回はそんな、

    • ちょっとダラダラしてて、気づいたらこんな時間になってた
    • 今日やりたかったことを全部できなかった

という悩みを解決するタイムマネジメントの方法をいくつか紹介します。

 

これらの方法を実践すれば、効率の良い時間の使い方を覚えることができ、1日を長く感じることができるので1日のやるべき作業を終えることができるでしょう

ちんあなご先輩
それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

上手な時間の使い方|タイムマネジメント術

早起きをする

まず一つ目の方法は「早起き」です。

そんなの当たり前だと思いますか??

これを当たり前だと思えた方は、次のタイムマネジメント術に進んでいいですよ!

もし、自分が早起きできていないと思ったなら読んでみてください。

 

朝の時間はとても貴重です。

その理由は朝起きた時の頭が最も冴えているからです

夜寝ている間に頭の中の疲れがクリーニングされた状態にあるためですね。

いつもより早く起きて、熱いコーヒーを飲みながら今日やることを考えたり、ニュースを見ることで心と体に余裕が生まれます。

他の人が朝忙しくしてバタバタと家を出る中、あなたは気持ちに余裕を持って動くことができるため、朝のコンディションがとても良いものになるのです

お金持ちや成功者に早起きの人が多いのもこれが大きな理由ですね。

まずはいつもより30分起きる時間を早くして、慣れてきたら1時間早く起きるようにしてみましょう。

スケジュール管理をする

ここで紹介するのは「スケジュール管理」をするということです。

1日の中で何に時間を使うのかあらかじめ決めておきましょう。

例えば、昨日1日を振り返ってみてあなたは何時に何をしたのか紙に書き出してみましょう。

すると自分の時間の過ごし方を客観的に見ることができ、無駄な時間がないのか確認することができます。

どうしてそういった無駄な時間ができてしまうのかというと、やるべき予定を『いつ』するのか決めていないので気まぐれで動いてしまうからです

気まぐれに動いて、貴重な時間を無駄にしないように朝起きたら1日のスケジュールを簡単にノートや手帳に書き出してみましょう。

 

優先順位をつける

1日の時間は全ての人に平等に与えられているわけですが、24時間のうちでできることは限られています。

全てのやりたいことを1日に詰め込んでしまうと、逆に効率が悪くなってしまうので優先順位をつけるようにしましょう。

具体的なやり方
まず、今日やりたいことをノートや手帳に書き出します。
そして今日中に絶対に終わらせたいものから数字をつけていきます
(一番やりたいものには1を。二番目にやりたいものには2を。)
そして、数字の小さいものから取り掛かるようにします。
万が一やりたいことが全部終わらなかったとしても、優先順位が低いものならその日のうちにできなくても妥協して、次の日にすればいいのです。
こうすることで、しなくても良いことにかける時間を省くことができるので、時間を効率よく使うことができるのです。

隙間時間を有効に使う

移動時間や何かを待っている時間を有効に使いましょう。

例えば学生や社会人の方なら、電車やバスに乗っている時間に何かできるはずです。

大きなパソコンを取り出して作業......というわけにはいかないと思うので、スマホやタブレットを使ってメモに文書を書いたり、調べ物をしたり、その日の予定を決めたりといろいろなことができます。

大学受験生が電車で英単語を覚えているような感覚で隙間時間を活用することがタイムマネジメントのコツです。

料理で言えば、お湯を沸かしている間に野菜などの具材を切るといった感じですね。

ちょっとした時間でも有効に使えるといいですよ!

 

作業効率を上げる

これがすごく大きいと思います。作業効率を高めましょう。

例えば毎日パソコンを使って作業をする人ならば、ショートカットキーを覚えると作業を効率化できます。

便利なショートカットキーを紹介しましょう。

windowsでの操作 macでの操作
新規ウィンドウ Ctrl+N command+N
ファイルを開く Ctrl+O command+O
ファイル保存(上書き保存) Ctrl+S command+S
プリント(印刷) Ctrl+P command+P
切り取り(カット) Ctrl+X command+X
コピー Ctrl+C command+C
貼り付け(ペースト) Ctrl+V command+V
すべて選択 Ctrl+A command+A
太字文字 Ctrl+B command+B

わざわざマウスを使うことなく、持ち替える時間を節約できます。

また、タイピングにおいても入力するスピードが早い方が作業効率が高いです。

ブラインドタッチなんかができるとすごく良いですね。

ただこういったスキルはすぐに身につくものではないので、数をこなしていくうちに作業の質を高めていきましょう

すぐに行動に移す

ついつい物事を先延ばしにしてしまうことってないですか??

誘惑に負けて「あとでいいや」という気持ちになってしまうことは普通の感情なのです。

ですが、先延ばしにしてしまうと大抵たくさんの時間を無駄にしてしまいます。

一度先延ばしにした作業は、取り掛かるまでに自分の気持ちを奮い立たせる必要があります。

また、一度誘惑に負けて楽をしてしまっているので、簡単には取り掛かることはできません

結果的にだらだらとしていた時間と合わせるとかなりの時間を失うことになるのです。

なので、上でも述べたようにその日にやることをメモしておきましょう

 

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

世の中のできると言われている人たちは、以上のことを当たり前のこととして毎日に活かしています。

同じ24時間だったとしても中身の濃さが全く異なります。

あなたもそういった「できる人」になることを望むのなら、どれか一つでも実践してみてはいかがでしょうか?

それでは。

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.学生の方はこちらがおすすめ!→Prime Studentが月204円で便利すぎる
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
スポンサーリンク
おすすめの記事