Hakuna Liveとは?使い方や収入の仕組みについて解説

 

ちんあなご先輩
Hakuna Liveって最近日本でもリリースされたらしいけど、どんなアプリなの?どうやって稼ぐことができるの?という疑問を解決する記事です。
みなさんこんにちは!ちんあなご先輩です。
今回はライブ配信アプリ『Hakuna Live』について解説していきたいと思います。
Hakuna Liveは2019年7月に日本でリリースされたばかりなので、配信者もかなり少なく新規の方でも十分に活躍のチャンスがあります。
また今のうちに配信者として有名になっておくことで、お金を稼ぐこともできるようになるため、リリースされたばかりのこの機会を逃さないようにしましょう。
想定読者
    • Hakuna Liveとは何なのか知りたい人
    • Hakuna Liveを使った稼ぐ方法(収入の仕組み)を知りたい人

Hakuna Liveとはソーシャルライブアプリのこと

Hakuna Liveとはソーシャルライブアプリのこと

株式会社MOVEFAST Companyによって2019年7月に日本サービスが開始されました。

Hakuna Liveとは、スワヒリ語で「なんとかなるさ!」の意味である「ハクナマタタ!」をモチーフにした、ソーシャルライブ配信アプリです。

ハクナマタタといえば、ライオンキングの曲を思い出しますね。

Hakuna Liveでは顔出し配信またはオーディオ配信も可能なので、気軽に配信を楽しめます。

ホストライバーとゲストの相互コミュニケーションライブ配信がこのアプリの1つの特徴と言えるでしょう。

グローバル配信してから200万ダウンロードを達成しており、累積配信数は500万を突破しております。

なので、海外ではすでに人気ソーシャルライブアプリだということがわかりますね。

主に10代~30代の方が多く利用しているようです。

Hakuna Liveの配信の種類


Hakuna Liveでは主に3種類の配信を楽しむことができます。

  1. 顔出し配信
  2. ラジオモード
  3. コラボ配信

中でも3つ目のコラボ配信はHakuna Liveならではの特殊な配信方法で、配信する側にも見る側にも嬉しい機能のようですね。

顔出し配信

顔出し配信

こちらは通常の配信形式となります。

ビデオカメラに向かって話をしたり、ダンスをしたり、歌を歌ったり、コメントを読みながら視聴者と会話をしたりする配信が多いですね。

顔出しをすることで人気配信者になれる可能性も高くなるので、Hakuna Liveで稼ぎたいと考えている方はこの配信方法でファンを増やしていくと良いでしょう。

身バレはしたくないし、顔は見られたくないという方にはおすすめしません。

ラジオモード

続いての配信の種類は『ラジオモード』です。

声だけでリスナーとつながることができて、イケボやカワボの方には非常にオススメの方法ですね。

また顔出しもする必要がないので、身バレが怖いけど配信をしてみたいという人でも安心して始めることができるでしょう。

内容としてはリスナーのコメントや質問に回答したり、最近あったことについて語ったり、悩みを聞いてもらったりなど多様です。

初心者の方はまず配信になれるために、ラジオモードから初めてみることをオススメします。

コラボ配信

最後に紹介する3つ目の配信方法は『コラボ配信』です。

Hakuna Liveではゲストが配信者にコラボ配信を希望することで、一緒に配信をすることが可能になります。

視聴者の方はそのゲストと配信者のやりとりを見ることが出来ます。

仲のいい配信者とコラボをしてみたい場合や、自分のことをもっと多くの人に知ってもらってファンを増やすためにも活用することが出来るでしょう。

そういう意味ではYouTuberが行うコラボ動画のようなものに近いかもしれません。

一人で配信をしたい場合はクローズド配信に設定しておきましょう。

Hakuna Liveで収入が出来る仕組み

Hakuna Liveで収入が出来る仕組み

Hakuna Liveではマイスターというものを米ドルに換金することで収入を作ることができます。

このマイスターですが、配信をした際に視聴者からプレゼントが送られる時があり、そのプレゼントの額によってもらえるスターの数が変わるようです。

ですので配信回数が多く、ファンが多い人ほどプレゼントを送ってもらいやすいということは何となくわかるでしょう。

換金率について

Hakuna Liveは「稼ぐ」ということを考えた時に、他のライブ配信アプリよりも確実に稼げるということでも有名です。

というのも「換金率」というものが大きく異なるからです。

換金率というのは貰ったスターをどれだけお金に変えれるのかという割合で、通常のライブ配信アプリでは30%未満のことがほとんどです。

例えば17Liveでは最低13%の換金率となっており、公式ライバーになったとしても50%が最大です。

13%ということは10000円稼いだとしても、1300円しか手元に入らないということになります。

ですがHakuna Liveでは最低でも82%の換金率を約束しており、最大100%になることもあるというのでかなり驚きです。

これが、Hakuna Liveが稼ぎやすいと言われている所以ですね。

注意事項

Hakuna Liveで換金する際の注意事項が記載されていたので、ここにも記載しておきます。

出金ガイド
    • 出金のためにはPayoneerのアカウントとe-walletが必要
    • 18際未満の方はPayoneerの出金サービスが利用できない
    • 現在の出金レート:62スター=1米ドル
    • 出金は申請後7〜10日の間に処理される
    • 出金は1週間に1回のみ申請可能
    • 1度に可能なリクエストは3410~100000スター

一応目を通しておいてください。

ダウンロード後にアプリ内で確認可能です。

配信の始め方 | Hakuna Liveの使い方

まずは画面下の真ん中に表示されている「プラスボタン」をタッチしてください。

すると上のような画面が表示されます。(ライブを始めると書かれた画面)

次に「タイトルを記入」とあるので、そこに配信のタイトルを記入しましょう。

「挨拶メッセージ」は選択事項なので書いても書かなくても結構です。

最後に「ライブを始める」を押せば、自動的に配信が始まります。

初めて使う方でも直感的に操作できるので、非常に簡単でいいですね。

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ

Hakuna Liveは本当に稼ぎやすいのか?

結論から言うとかなり稼ぎやすい部類に入ると考えています。

と言うのも2つ理由があって、

  1. 日本でリリースされて間もないからライバルが少ない
  2. 有名配信者と呼ばれる人がいない

からですね。

1つずつ解説していきましょう。

日本でリリースされて間もないからライバルが少ない

最初に説明したようにHakuna Liveは日本でリリースされたのが2019年7月なのでまだまだ参入者が少ないです。

ですから他の有名ライブ配信アプリと違って、ライバルがほとんどいないため有名になれる確率が高いと言うわけです。

有名になってファンが増えてくればプレゼントをもらえる回数も多くなるため、始めるならリリースされたばかりの今がチャンスということです。

また配信者が増えると、視聴者はプレゼントを贈る対象が多くなってしまうので自分にプレゼントされる機会も減ってしまうかもしれません。

ですから配信者が少ないうちに初めておくことで確実に稼げるということになります。

有名配信者と呼ばれる人がいない

ライブ配信アプリの数は徐々に増えてきており、その分多くの方から利用されるようになってきています。

そんな中でアイドルやYouTuber、有名人なども利用するようになってきており、今から始める一般人がそんな人たちに到底敵うわけがありません。

ですがHakuna Liveにはそういった有名配信者がほとんどおらず、まだまだ知名度の少ない方でも十分有名になれる可能性が残っているのです。

確かにすでに有名になってきている配信者の方もいますが、その数は多くはありません。

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ

Hakuna Liveの始め方

まずはHakuna Liveをアプリストアからダウンロードしましょう。

こちらからダウンロードできます↓

 

次にアカウントの登録です。

アプリを開くとこのような画面が表示されます。

  • Facebookで始める
  • Googleで始める

という項目が用意されているので、好みの方で初めておきましょう。

もちろんこのアプリを始めたことが他の人に通知されることはないので、安心してください。

これで簡単にHakuna Liveを始めることができます。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
おすすめの記事