Audible(オーディブル)で返品・交換する方法を画像付きで解説!【注意点あり】

 

読者
・購入したボイスブックが思っていたのと違うな。
・間違ってコインで購入してしまったから返品したい。
・別のボイスブックと交換してほしい。
といった読者の悩みを解決します。
この記事では『Audible(オーディブル)で返品・交換する方法を画像付きで解説!』というテーマでお話ししたいと思います。
Audibleの会員になると毎月1枚のコインが付与され、自身の好きなタイトル1冊と交換することが可能です。
そのコインを使って、前から気になっていた本やブログでおすすめされていた本と交換したものの、自分にはあまり合わなかったということがあるかもしれません。
あるいは思っていた内容じゃなかったり、ナレーターの声が聞くに耐えないといったような理由もあるでしょう。
そういった場合に、一度コインと交換してしまったボイスブックを返品することができます
今回はその手順を画像付きでわかりやすく解説しますね。

ちんあなご先輩
実際に私も返品した経験があるのですが、かなり簡単でした。
この記事の想定読者
    • ボイスブックを返品したい人
    • 間違ってコインを使ってしまった人

Audible(オーディブル)で返品・交換する方法

パソコンからの手順と、スマホ・タブレットからの手順とで少しだけ画面が異なるため、別々に解説していきたいと思います。

パソコンから

  1. Audibleのトップページに移動する 

    >>こちらから移動できます 

  2. アカウントサービスをクリックする
    「〇〇さん、こんにちは!」→「アカウントサービス」の順に選択します。
  3. 購入履歴(返品)を選択する
    赤枠で囲った「購入履歴(返品)」を選択してください。
  4. 返品するボイスブックを選択する 


    赤枠で囲った位置に「返品する」という項目があるので、返品したいボイスブックを選んでクリックする。

  5. 返品する理由を選択する 

    このタイトルを返品する理由」という画面が表示されるので、自身に当てはまるものを選択してください。

    最後に「返品する」をクリックすれば、完了となります。

iOS(iPhone,iPad等)、Androidから

  1. Audibleのトップページに移動する 

    アプリからは返品することができないので、サイトに移動します。>>こちらから移動できます

     

  2. 一番下までスクロールする 


    Audibleのサイトに移動したら、一番下の画面までスクロールしてください。すると「PCサイト」という項目があるので、それを選択します。
    (スマホサイトのままでは返品操作ができないため)

  3. アカウントサービスをクリックする 


    「〇〇さん、こんにちは!」→「アカウントサービス」の順に選択します。

  4. 購入履歴(返品)を選択する 


    赤枠で囲った「購入履歴(返品)」を選択してください。

  5. 返品するボイスブックを選択する 

    赤枠で囲った位置に「返品する」という項目があるので、返品したいボイスブックを選んでクリックする。

  6. 返品する理由を選択する 

    このタイトルを返品する理由」という画面が表示されるので、自身に当てはまるものを選択してください。

    最後に「返品する」をクリックすれば、完了となります。

Audibleの返品・交換に関する注意点

Audibleの返品・交換に関する注意点

    • 購入後365日以内のもの
    • Audibleの会員限定
    • 返品回数に制限はない
    • 聴き放題サービスではない

上で解説した手順を踏めばボイスブックを返品できるのですが、返品できるものは365日以内に購入したボイスブックに限ります。

またAudibleの会員でなくてもボイスブックを購入することはできるのですが、非会員の方は返品をすることができません。

月額料金を払っている会員だからこそ返品保証がついているというわけですね。(無料お試し期間にも返品ができます)

 

返品回数に関してですが、現在のところ特に回数制限はありません。

なので言ってしまえば、「コインと交換→返品→コインと交換→返品→......」というようなことができてしまいます。

ですがAudibleのヘルプセンターにこのような記述がありました。

 

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

会員の皆様には本特典の目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。
なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立てください。

会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます。

Audibleは聴き放題サービスではないので、なんども返品を繰り返して利用するのは避けたほうが良さそうですね。
実際にメールで連絡が届いた方もいたようなので......。

Audibleで返品をしすぎるとどうなる?

(出典:Audibleヘルプセンター

 

Audibleで返品を何度も繰り返していると、上の画像のように「返品不可」の文字が表示されるようになります。

こうなってしまうと返品することは不可能になってしまいます。

 

ウェブサイトから返品いただける回数に制限があります。制限回数を超えた場合は、 返品ボタンが表示されず「返品不可(詳細)」と表示されます。このメッセージが表示された場合は、カスタマーサービスまでご連絡ください。返品手続きおよびお客様が次にお楽しみいただける作品が見つけられるよう、お手伝いさせていただきます。

Audibleのヘルプセンターにはこのような記述があったので、カスタマーサービスに連絡をすればもしかすると再び返品ができるようになるかもしれません。
そもそも何度も返品をすることを避けるべきですね。

 

カスタマーサービスを利用する手順

  1. Audibleのトップページに移動する 

    >>こちらから移動できます

  2. お問い合わせを選択する 

  3. カスタマーサービスにメールする 

まとめ | Audibleで返品・交換する方法

以上がAudible(オーディブル)の返品手順、注意点に関する解説です。

聴き放題サービスとしては使うことができませんが、返品機能があるので間違って購入してしまった時でも安心ですね。

とはいえ何度も返品する行為は推奨されていないので、ほどほどに抑えておきましょう。

本当に返品したいときにできないと困るはずなので!!

 

購入するボイスブックで失敗したくない方は『Audibleで読めるおすすめの本をジャンル別に紹介』の記事を参考にしながら選んでみてください。

Audibleを始めるには通常のところ月額1500円かかってしまうのですが、今なら30日間無料体験をすることができます。(期間内に解約すればお金は一切かかりません)

 

こちらも合わせてどうぞ
1.月410円で映画も音楽も楽しめる!→Amazonプライムが月々410円なのにすごすぎる
2.本を好きなだけ読みたい→読み放題サービス10社を徹底比較
3.本当に買って良かったものを紹介!→Amazonの捗るおすすめ商品21選
おすすめの記事